時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

米欧大型兵器も供与へ

投稿日:

スポンサードリンク



 

ロシアのウクライナ侵攻が長期化の様相を呈する中、米欧各国はウクライナの要請を受け、大型兵器も含めた軍装備品の供与拡大の動きを見せている。

 

北大西洋条約機構(NATO)は7日の外相理事会で、追加支援を確認。欧州連合(EU)も5億ユーロ(約670億円)の追加拠出の検討に入った。

 

国道16号の起点と終点

 

NATOのストルテンベルグ事務総長は、7日の会合後の記者会見で「さらなる装備品提供の用意があるというのが、きょうの明確なメッセージだ」と表明。

 

ウクライナ東部での戦闘激化が見込まれることを踏まえ、「加盟国は緊急性を認識している」と強調した。

AFP通信によると、トラス英外相は会見で「より大型で新しい装備品を提供する国への支持があった」と指摘した。

 

米欧がこれまで供与してきたのは、携帯式の対戦車ミサイルや地対空ミサイルなど小型兵器が中心。

ロシアを刺激することなどへの警戒から、大型兵器の供与には慎重姿勢が根強かった。

 

これに対しウクライナは、米欧に戦車や戦闘機、防空システムなど「制限のない支援」(ゼレンスキー大統領)を繰り返し要求してきた。

7日のNATO会合にはクレバ外相が出席。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

会合後、「すぐ助けてくれるか、助けが遅すぎて多くの人が死ぬかのどちらかだ」と述べ、支援を急ぐよう訴えた。

ブリンケン米国務長官は会見で、新たな兵器供与のため「何が最も必要か、日々検討している」と語った。

 

既にチェコが旧ソ連製戦車などを発送したと報じられているほか、ドイツも戦車供与を政府内で検討しているとされる。

スロバキアのヘゲル首相は8日、旧ソ連で開発された高性能地対空ミサイルシステム「S300」をウクライナに提供したと、ツイッターで公表した。

 

一方、ミシェルEU大統領は7日、加盟国が供与する軍装備品に充てるEU資金を5億ユーロ増額する案を明らかにした。

加盟国間で合意すれば、EUの拠出額は計15億ユーロ(約2000億円)に膨らむ。(時事通信)

 

 

これはロシアと西側諸国との戦争の様相を呈してきた。

ウクライナは東部を奪還するまで続けるつもりか?

怖いのは劣勢に追い込まれたプーチンが生物化学兵器や核兵器を使う事か。

 

 

市制施行第一号の36都市とは

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.