時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

丸亀製麺をロシア側が無断営業

投稿日:

スポンサードリンク



 

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、外食大手「トリドールホールディングス」(東京都)が露国内での閉店を決定した傘下のうどんチェーン「丸亀製麺」について、現在も営業が続けられていることが9日、分かった。

 

ショートカットキー使ってますか?

 

屋号は「マル」に変更されたが、メニューやサービスは同一。

同社は産経新聞の取材に「類似の名称やサービスの継続は認めていない」と回答した。

 

同社とフランチャイズ契約を結んでいた露企業が、ブランドとノウハウを無断で使用しているとみられる。

ウクライナ侵攻では、多くの外国企業が露市場からの撤退や露国内での営業停止を表明した。

 

しかし、露メディアによると、営業停止を決めた米ファストフード大手「マクドナルド」でも、直営店は閉店した一方、全体の20%を占めていたフランチャイズ契約の店舗の一部は営業を継続しているという。

 

商標の不正使用に当たる恐れが強く、ロシアをめぐるビジネスリスクが改めて露呈している。

丸亀製麺は2013年、モスクワにロシア第1号店を開店。

 

安価さやサービスが人気となり、ウクライナ侵攻前はモスクワに7店舗を展開していた。

同社によると、いずれも屋号の使用や商品の提供を認める対価として権利料を受け取るフランチャイズ形式だった。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

ウクライナ侵攻を受け、同社は3月上旬、露フランチャイズ企業に営業停止を打診。

協議の結果、全店の閉店で合意し、同月末までに閉店を完了したという。

 

しかし今月、モスクワの商業施設内の店舗では、屋号は「マル」に変更されたが、天かすやネギ、お茶の無料提供などのサービスやメニューは従来通り。

メニューでは「丸亀製麺」の文字が黒塗りされていたものの、内装には「丸亀製麺」と描かれたままだという。

 

運営会社とされる「マルフーズ」のウェブサイトによると、同社はモスクワの丸亀製麺があったのと同じ7カ所で「マル」を展開。

産経新聞はマルフーズに対し、営業継続の経緯や権利関係について電子メールで問い合わせたが、9日までに回答はなかった。(産経新聞)

 

 

丸亀製麺の売りが粉から店内で作る打ち立て麺。

果たして素人ロシア人にどこまで麺が再現できるのかは甚だ疑問。

 

劣化したうどんからやがて顧客は離れていくと思う。

他の外資系飲食店も原料や資材が入らない現状を考えると継続には限界があると思う。

 

 

そもそもWi-Fiとは何だ?

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.