時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ロシア石油大手がウクライナ侵攻を批判

投稿日:

スポンサードリンク



 

ロシア第2の石油大手ルクオイルは3日、ロシアによるウクライナ侵攻を非難する声明を発表した。

ロシアの主要企業でウクライナ侵攻を公に批判したのは初めてとみられる。

 

ロト6の当選確率

 

英紙フィナンシャル・タイムズなどによると、ルクオイルは3日に「ルクオイルの取締役会はウクライナで起きている悲惨な出来事に懸念を表明し、この悲劇の影響を受けた全ての人々に深く同情する」との声明をホームページに掲載。

 

「私たちは武力紛争の迅速な停止を求め、外交手段を通じた交渉による解決を全面的に支持する」とした。

3日夜現在、ルクオイルのホームページは閲覧できない状態になっている。

 

ルクオイルは、ロシア国営石油大手ロスネフチに次ぐ生産量を誇る。

ウクライナ侵攻を受け、欧米による経済制裁の影響でロスネフチや国営ガス大手ガスプロムなどとともに規制対象になっている。

 

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

長引けば、事業継続に大きな影響が生じることも今回の声明発表に影響した模様だ。

これまでロシアで反戦の声を上げるのは一般市民や文化人、スポーツ選手らが多かった。

 

経済界では欧米による経済制裁の対象となっている一部の大富豪が戦争終結を訴えていた。(毎日新聞)

 

 

ロシア国民の戦争反対デモも拡大の様相。

そこにロシア企業が声明を出す事は評価できる。

 

あきらかにロシア国民はこの侵略戦争に疑問を抱いている。

そもそも戦場に駆り出されているロシア兵士に疑問を呈する人はいないのか?

 

本当にこの戦闘が正義と思ってやっているのか?

あの狂人を早く引きずり降ろさない犠牲者は増えるばかりだ。

 

 

ショートカットキー使ってますか?

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.