時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ムサコってどこ?

投稿日:

スポンサードリンク



 

地方の方に馴染みがないのが「ムサコ」という略称だ。

ムサコとはどこの略称かご存じだろうか?

 

ムサコとは都内および都内近郊にある地名の略称だが実は複数の地名に該当している。

ところで都内には略称化された地名が結構多くある。

 

本来の地名より使われる場合も多い。

例えば電気街として有名な秋葉原は「アキバ」というのが一般化している。

 

池袋は「ブクロ」、下北沢は「シモキタ」なんて呼ぶ人が多い。

そうそう毎回住みたい街ランキングで上位の吉祥寺は「ジョージ」なんてお洒落に呼ばれている。

 

国道16号の起点と終点

 

それではムサコとはどこなのか?

ここでいう「ムサ」はもちろん「武蔵」から取られている。

 

武蔵はもちろん「武蔵国」から来ている。

この武蔵国とは現在の埼玉県(旧中葛飾郡を除く全域)、東京都全域、神奈川県(川崎市と横浜市)とかなり広域だ。

 

関東地方のおよそ半分ぐらいになるのではないだろうか?

だから関東地方には武蔵が付く地名が非常に多い。

 

自治体としては東京都下に「武蔵野市」と「武蔵村山市」がある。

また駅名になると「武蔵小金井駅」、「武蔵境駅」、「武蔵浦和駅」、「武蔵中原駅」など、関東地方には武蔵が付く駅が21駅にもあるのだ。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

さてムサコの「コ」は「小」から取られている。

そうムサコとはこの武蔵と小で始まる地名の組み合わせなのだ。

 

実はその候補は三つもある。

ひとつは東京駅から東京西部の八王子方面に走る中央線の沿線にある「武蔵小金井駅」だ。

 

ふたつ目は山手線の目黒駅から南西の横浜市方面に伸びる東急目黒線沿線にある「武蔵小山駅」。

そして三つ目は山手線の渋谷駅から横浜市方面に伸びる東急東横線の沿線にある今をときめく「武蔵小杉駅」だ。

 

ちなみに武蔵小杉駅は川崎市中原区にある。

その知名度からムサコは武蔵小杉が濃厚かと思われがちだが地元の方はどちらかというと「コスギ」と呼んでいるらしい。

 

どちらかというと武蔵小金井駅や武蔵小山駅の周辺でムサコという呼び名が定着しているらしい。

一応現段階ではムサコには三つの候補地がある事だけ覚えておけば良いだろう。

 

 

そういえば自分が学生の頃、東京都小平市にある「武蔵野美術大学」は「ムサビ」と呼ばれていた。

もしかするとムサコはこのムサビから発展したのではないだろうか?

 

そんな事をふと思った。

 

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.