時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

県境の話

投稿日:

スポンサードリンク



 

Yahoo!の地図を広げてみる。

場所は関東地方だ。

 

緑色の東北道を東京から北上していく。

久喜付近で圏央道と交差した後、館林インターから国道354号を南東に進んだあたりにハート型の湖らしきものが見えてくる。

 

これが本日の目標地点付近だ。

このあたりは北関東の県境が集中している。

 

北側から時計まわりでいうと栃木県、茨城県、埼玉県、群馬県の4県が県境に寄り添っている。

まずこのハート型の湖らしきものは「渡良瀬遊水地」だ。

 

1900年後半に渡良瀬川の上流で起きた「足尾鉱毒事件」の鉱毒を無害化させるために下流に作られた。

現在は谷中湖とされてトライアスロンの大会なども行われている。

 

さてその谷中湖の南側から東武日光線の柳生駅付近に地図をなぞっていくと「三県境」の境界線が見えてくる。

柳生駅があるのは埼玉県、北側から細く入ってくるのが群馬県、そして東側から丸く寄り添ってくるのが栃木県だ。

 

現在この「三県境」は観光地になっていて誰でも見学にいける。

もともと畑にあった水路のような県境なので極端な話、ほんの一瞬で三県を歩く事ができる。

 

 

関東にお住まいの方ならそれほど負担なくいける所だ。

谷中湖を絡めて旅してみてはいかがだろうか?

スポンサードリンク



 

さてYahoo!の地図をそのまま東側に移動してみる。

古河市(こがし)はこのあたりの中心の街だ。

 

室町時代から古河公方(関東足利氏)の本拠地であり、江戸時代には城下町また日光街道の宿場町として栄えた。

実はこの古河市は茨城県内にあり、近くに東北新幹線が走っている。

 

日本の県で唯一新幹線の通過のみをゆるした地域として有名だ。

だから茨城県内には新幹線の駅はない。

 

さてこの古河駅は宇都宮線(東北本線)の駅だ。

実はこの線にも県境のうんちくがあるのだ。

 

古河駅の一つ手前が埼玉県の栗橋駅。

古河駅の一つ先の駅が栃木県の野木駅。

 

栗橋駅から野木駅までは各駅停車でおよそ10分だ。

僅か10分で3県をまたがる旅が出来るというわけだ。

 

実をいうとこの古河市から南東に進んでいくと十数キロで千葉県の野田市に行きつく。

とにかくこの付近は関東地方の県境だらけなのだ。

 

野田市はキッコーマンの企業城下町で醤油の街だ。

街には醤油の香りがただよう。

 

こちらも関東にお住まいの方ならご負担なく来れるところだ。

県境と醤油の街を絡めて日帰り旅行にいかがだろうか?

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.