時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

タワマンの悲劇

投稿日:

スポンサードリンク



 

近頃はちょっとした地方都市の駅前にもランドマークのように「タワマン」が建っている。

「タワマン」とはご存じ「タワーマンション」の略称だ。

 

「タワーマンション」の定義は無いが概ね「58mの高さを超えるマンション」とされている。

58mといえば階数にしておよそ20階ぐらいになるだろう。

 

イオンが無い県がある

 

「タワマン」はもちろん高層階に人気があるらしく高層階から売れていくという。

それはそうだろう。

 

「タワマン」を購入して眺望が期待できない2階、3階に住んでいるのでは意味がないからだ。

ところでこの「タワマン」にはかなりの問題が潜んでいると言われている。

 

日本のタワーマンションは1976年に住友不動産が埼玉県与野市(現在のさいたま市)に建てた21階建て(高さ66m)の分譲マンションがさきがけと言われている。

本格的なタワマンの普及は1997年の容積率の規制緩和のタイミングで、この当時に建てられたタワーマンがまもまく築20年をむかえようとしている。

マンションにお住まいの方ならご存知だと思うが、マンションは15年程度を目安に「大規模修繕」が行われる。

 

太陽の紫外線や風雨による外装の劣化の修復および給排水設備のメンテナンスがメインだ。

通常は管理組合がこの「大規模修繕」のために「修繕積立金」をプールしていく事になる。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

ただ住人がマンション購入時にその「大規模修繕」に関わる費用の具体的な説明を販売会社から聞いていたかは非常に疑問だ。

「タワマン」の「大規模修繕」はその高さゆえに大規模修繕の費用が非常に割高になる。

 

一説には一般的な低層階マンションの二倍以上になるとか?

実はこの現実を知らないで購入している人がいる。

 

 

まさにタワマンの悲劇。

なぜゆえに二倍以上になってしまうのか?

 

「タワマン」は高層階のためにそもそも足場が組めない。

そのため「リフトクライマー」という「移動昇降式足場」を使用する事が原因のようだ。

 

また工期も長くなるのもその要因と言われている。

高額な住居だけにいずれローン破綻する人もでてくるかもしれない。

 

マンションの修繕積立金は入居者全員が支払う前提で計画されている。

入居者が減るような事があればこの計画は大幅に狂ってくるだろう。

 

現在お住まいの方もいらっしゃるからあまりネガティブな事は言えないが、将来的にはいろいろな問題が抱えていそうだ。

タワマンの悲劇にならない様に願いたい。

 

事故物件を検索する

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.