時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

倉敷市に地下鉄

更新日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

 

千葉市や北九州市などがそうだ。

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

 

長崎新幹線の憂鬱

 

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

ということで今回、食指が動いたのは岡山県の倉敷市だ。

 

倉敷市は人口およそ48万人を擁し意外だが、中国地方では広島市、岡山市に次ぐ三位の規模を有している。

県庁所在地ではないのにこの規模を維持できているのは企業城下町としての側面があるからだ。

 

クラレやクラボウはその名前からわかるようにこの倉敷市を創業の地としている。

また市南部の水島臨海工業地帯には、JXTGエネルギーや三菱自動車など大手メーカーが軒を連ねている。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

 

観光地としての側面も見逃せない。

倉敷美観地区には観光客が絶えない。

 

今回の計画は倉敷を南北に結ぶ路線を計画してみた。

もちろん倉敷美観地区もコースに入っている。

 

 

起点は「西坂台」で終点は「福田公園」とした。

 

西坂台

平田

浜の茶屋

北浜

日の出町

倉敷駅

大原美術館前

倉敷市役所

笹沖

倉敷南高入口

古城

福田公園

というルートになる。

 

倉敷市内を南北にコンパクトにまとめられたと思うが地元の方のご意見はいかがだろうか?

倉敷駅の北側には以前、岡山県肝入りの「チボリ公園」があったが閉園に追い込まれてしまった。

 

観光面で倉敷を救ったのはやはり倉敷美観地区であった。

思っている以上に観光客は結局、保守的なのだ。

 

テーマパークを仕掛けるのであればTDLやUSJぐらい徹底しないとリピーターは作れないという事だろう。

この地下鉄路線があれば倉敷美観地区へのアプローチが格段に向上する。

 

ただこの地下鉄計画は自分の独断と偏見による仮想地下鉄だ。

実現する可能性はかなり低いだろう。

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.