時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

バイトテロの対策

投稿日:

スポンサードリンク



 

コンビニや外食、カラオケなどのチェーン店でアルバイトの不適切動画問題が社会問題化している。

これだけ問題になっているのに後から続々出てくるところを見ると過去にアップされた動画が今になって表にでて来ているとしか思えない。

 

バイトテロにはそれ相応の損害賠償が請求されるだろう。

不適切動画をネット上にアップさせて袋叩きにあっている馬鹿者どもはさておき皆さんは何か疑問に思わないだろうか?

 

まずバイトテロの時期が集中している事。

次にバイトテロをされた企業がどこも上場企業という事だ。

 

実な今回のバイトテロに関してネット上である噂が流れている。

それはこのバイトテロが「株の空売り」に利用されているというものだ。

 

企業の株価が下がって儲かる人がいるのか?と疑問に思われる方もいるだろう。

その理由を株に詳しくない方のために説明してみよう。

 

通常は株の売買は購入時より売った際に値上がりしていれば差益が生じるのは誰でもご存じだろう。

これは株の「現物取引」といわれる一般的な取引だ。

 

証券会社の口座にある自分の資金で取引を行っている。

 

スポンサードリンク



 

ところがある程度の実績のある投資家は自己資金を投入しないでも証券会社から株を借りて売る事ができる。

これが「空売り」というもので「現物取引」に対して「信用取引」と言われる。

 

空売りの仕組みはこうだ。

ある株を1000株証券会社から借りたとする。

 

仮にその株を市場を100万円で売った。

そのタイミングでバイトの馬鹿者どもが不適切動画をネットにアップする。

 

問題を受けてその株が一斉に売られて株価は急落する。

仮に総額で60万円まで下落したとする。

 

 

これを底値と見た先ほど投資家が60万円でその株を買い戻して証券会社に戻すというわけだ。

この投資家はあっという間に40万円の差益を稼ぎだした事になる。

 

仮にもしこの噂が本当なら大規模な組織が関与していると思われる。

事前にその企業でバイトをしている馬鹿者を見つける。

 

少しまとまった報酬を事前に払っておけば馬鹿者どもは請け負ってしまうだろう。

事後に莫大な責任を負うことも知らずにだ。

 

上場、非上場を問わず企業をバイトテロ対策に細心の注意を払う必要があるだろう。

この出来過ぎた話あなたはどう思うだろうか?

 

信じるか信じないかはあなた次第だ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.