時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

ファミコン言葉の一覧

投稿日:

スポンサードリンク



 

歳を重ねると若い世代の言葉が妙に気になる。

最近、若者に定着した感のある「〇〇じぇねー」と尻上がりの会話は若い女性まで使っている。

 

自分的には言葉は生き物なので時代ごとの多少の変化はやむを得ないと思っている。

しかしただ一つだけ納得できないものが若い女性の「旨い!」という表現だ。

 

自分が若い頃はお付き合いしている女性とレストランに行って「このハンバーグは旨い」と言われたらドン引きしていただろう。

やはり女性には「美味しい」という言葉を言って欲しい。

 

100均は本当にお得なのか?

 

というわけで今回は言葉について触れみたい。

皆さんは「ファミコン言葉」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

 

もちろんこの「ファミコン」とは任天堂の「ファミリーコンピューター」の事ではない。

この「ファミコン」の「ファミ」は「ファミリーレストラン」の略で、「ファミコン」の「コン」は「コンビニエンスストア」の「コン」を表わしている。

 

要はファミリーレストランやコンビニエンスストアのアルバイトが日常的に使っている誤った敬語の事だ。

なかには社員でも平気で使っている人間もいるから呆れる。

 

代表的なファミコン言葉の一覧をあげてみたい。

「5000円からお預かりします。」とか「お支払は現金でよろしかったでしょうか?」というものだ。

 

スポンサードリンク



 

本人達はいたって真剣に敬語を使っているつもりだが聞いているほうはなんと違和感を感じる。

まずは最初の「から」だ。

 

この「から」とはいったい何にかかっているのだろうか?

また二番目の表現は現在進行形の会話なのに、質問は何故かに過去形になっている。

 

またこんな表現もある。

「お弁当の方は温めますか?」というものだ。

 

この「方」とはいったいどちらの方角を指しているのがわからない。

お弁当単品の注文でもこの質問を受けることがある。

 

「ファミコン言葉」は先輩アルバイトから後輩アルバイトへと伝染していったものだろう。

ファミリーレストランやコンビニは大企業が多いがアルバイトの言葉までは干渉しないのかもしれない。

 

 

またこれはファミコン言葉ではないが最近の若い女性が初対面の人にこのような事を言う人が増えている。

「私って〇〇じゃないですか?」というものだ。

 

初対面の人に自分のキャラクターを疑問形で聞くというものだ。

これを聞いた初対面の相手は「はあそうですか」としか答えようがない。

 

会話のキャッチボールを鼻から成立させていないのだ。

さすがにこれだけ並んでくると寛容な自分も容赦できないかもしれない。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.