時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

必要な老眼鏡

投稿日:

スポンサードリンク



 

老眼鏡は空気みたいなものだ。

通常の生活をしている分には特に困る事もないがある時、突然その必要に迫られる。

 

老眼鏡ほど面倒で有り難いものはないと思う。

シニア世代になって老眼鏡がないと読めなくなったものが特に二つある。

 

もちろん探せばきりがないのだが、日常的に困るのが新聞と時刻表だ。

時刻表は鉄道好きな自分にとってはバイブルのような書物だ。

 

読みたいと思った時に手元に老眼鏡がないのは非常にストレスだ。

ところで改めて見てみると時刻表の文字は本当に小さい。

 

昔はこの文字の大きさに疑問を持ったこともなかった。

何と機能的に情報を記録している書物だと思ったぐらいだ。

 

という事で時刻表を見る時は老眼鏡は必要なアイテムだ。

それなのに出かける時に一番忘れてしまうのもこの老眼鏡なのだ。

 

本屋さんの前を通るとダイヤ改正時刻表の発売の告知されている。

鉄道に興味がない方には理解できないと思うが鉄道が好きな人はこの「ダイヤ改正」という文字に異常に反応する。

 

勇んで書店に入って障りだけでも見ようバッグを探ると老眼鏡を忘れている。

この時は絶望に近い気持ちになってしまう。

 

そう老眼鏡がないと外出の楽しみも満喫できない。

女性の方で首から眼鏡ホルダーで老眼鏡を常時身につけている方がおられる。

 

スポンサードリンク



 

これは良いなと思い自分もホルダーを購入して老眼鏡をぶら下げてみた事がある。

ところがこれが非常に気になる。

 

たえず胸元の空間が気にかかる。

結局その煩わしさから眼鏡ホルダーも三日で外してしまった。

 

指輪と同じで普段から馴れないものを身につけていると体が拒絶反応をおこしてしまう。

さて自分が一日の中でもっとも接していのは間違いなくパソコンだろう。

 

一日中、パソコンの前にいる日もある。

仕事をしたり、パズルゲームをする。

 

 

また最近ではYoutubeなどの動画も楽しんでいる。

これほどあの手この手で人を楽しませてくれる道具は他に無いだろう。

 

パソコンが凄いのはハンディーキャップのある人やシニア向けのユーザビリティ(使い勝手)が考慮されている点だ。

つまりパソコンは最悪、老眼鏡がなくても何とかなる。

 

だから自分はスマホよりパソコンの方を好んで使う。

例えばIE(インターネットエクスプローラー)は「表示-文字のサイズ」とすれば文字サイズの調整ができる。

 

マイクロソフトオフィスのエクセルやワードにはズーム機能があるから作業に支障がない。

パソコンほどユーザビリティ(使い勝手)が確立されている商品はないだろう。

 

老眼に悩むより老眼との付き合い方をパソコンから学ぶ必要があるだろう。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.