時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

地方都市の人口減少

投稿日:

スポンサードリンク



 

「2045年市町村将来推計人口ランキング」というデータがある。

2015年から2045年の日本の市町村の人口増減率をランキングにしているものだ。

 

2045年といえば果たして自分が生きているかも怪しい。

しかし日本の将来を考えるとこの資料の数字はあまりにも衝撃的だ。

 

2045年の推計人口ランキングベスト5は下記になる。

 

1.神奈川県横浜市 344.6万人(-7.5%)

2.大阪府大阪市 241万人(-10.4%)

3.愛知県名古屋市 217.3万人(-5.3%)

4.北海道札幌市 180.5万人(-7.5%)

5.福岡県福岡市 165.4万人(7.5%)

 

人口の後にあるカッコのパーセンテージは2015年と比較した場合の増減率を表わしている。

すなわちベスト5のうち福岡市を除くすべての都市が減少にまわっているのだ。

 

 

ちなみに東京都は区部でランキングに入っているのでトップ10には出てこない。

現在の政令指定都市でプラスに転じているのは6位の神奈川県川崎市の5.1%、9位の埼玉県さいたま市の1.7%のみだ。

 

参考までにその他の政令指定都市の数字をあげてみると

 

スポンサードリンク



 

7.京都府京都市 129.7万人(-12.1%)

10.広島県広島市 129.5万人(-15.7%)

11.宮城県仙台市 92.2万人(-14.7%)

13.千葉県千葉市 90.5万人(-6.9%)

15.福岡県北九州市 77.1万人(-19.8%)

17.大阪府堺市 70.7万人(-15.7%)

 

18.静岡県浜松市 70.4万人(-11.7%)

19.熊本県熊本市 69万人(-6.8%)

20.新潟県新潟市 68.8万人(-15%)

21.岡山県岡山市 68.4万人(-4.9%)

22.神奈川県相模原市 63.6万人(-11.6%)

30.静岡県静岡市 56.7万人(-19.5%)

 

ということで北九州市と静岡市にいたっては20%近い減少が見込まれている。

特に静岡市は政令指定都市ではない千葉県船橋市や埼玉県川口市にも抜かれる事になる。

 

またその他30%超える減少が見込まれる地方都市は

青森県青森市、山口県下関市、北海道函館市、広島県呉市、静岡県沼津市、青森県弘前市、茨城県日立市、北海道釧路市、栃木県足利市、愛媛県今治市、大阪府守口市、広島県尾道市、山口県岩国市、宮城県石巻市、大阪府大東市、宮崎県延岡市、北海道北見市、大阪府松原市、山形県鶴岡市、岩手県奥州市、岩手県一関市、福岡県大牟田市他

数え挙げたらきりがない。

 

大阪府守口市といえば大阪市に隣接する大阪市の衛生都市だ。

また宮崎県延岡市は旭化成の企業城下町としても有名だ。

 

本当に日本は大丈夫なのだろうか?

興味のある方は検索エンジンに「2045年市町村将来推計人口ランキング」といれて検索してほしい。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.