時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

いつものテレ東

投稿日:

スポンサードリンク



 

テレビ東京の石川一郎社長の定例会見が29日、東京・六本木の同局で行われた。

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

27日に行われた安倍晋三元首相の国葬において、各局が報道特番を編成するなか、テレ東は地上波で午後1時40分から5分間、特番を放送したのち、「午後のロードショー」枠で、犬のセントバーナードが活躍する米映画「ベートーベン」を通常通り放送し、国葬の模様は「テレ東BIZ」での配信で伝えた。

 

国葬中継への編成について、石川社長は「いつものテレ東ということだと思います」と冗談交じりに語りつつ「すべて配信で見られるようにしたということで、報道機関としての責務は果たしたと思っています。

 

(社外の反応について)99%賛成ということはありませんが、聞いている限りではよくやったという声が多いようです」と述べた。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

斎藤勇・取締役総合編成局長は「放送以外にも配信で中継しようという総合的な判断」とコメント。

「ベートーベン」をチョイスした理由について「とても心温まる映画で、幅広い層に見て頂けると思った」と説明した。

 

同局によると、この日までに視聴者センターまでに届いた感想も、おおむね肯定的な意見が多かったという。(スポーツ報知)

 

 

すべてのメディアが同一の報道をする必要はないと思う。

テレ東のスタンスは昔から変わっていないのが逆に凄い。

 

ここ数年、テレビ番組はテレ東から探す事が多くなった。

低予算で質の高い番組を作る技術は民放トップだと思う。

 

頭の柔らかいトップがいるからだろう。

 

 

空売りの仕組み

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.