時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ウクライナ東部近く重大な戦闘か

投稿日:

スポンサードリンク



 

ロシアが侵攻を続けるウクライナのアレストビッチ大統領府長官顧問は10日、地元メディアの取材に、ウクライナ東部で「今後2週間にわたり戦争の次の段階の行方を決める重大な戦いが起こる」との見方を示した。

 

自営業でやっていける商売

 

首都キーウ(キエフ)近郊などから撤収した露軍は東部に戦力を集中し、新たな攻勢を始めるとみられる。

ゼレンスキー大統領は「困難な闘いだが、勝利を信じている」と語った。

 

アレストビッチ氏によると、露軍は侵攻当初、ウクライナ北部、東部、南部の九つの方面で作戦を展開していた。

ところが、ウクライナ軍の抵抗で損失が拡大したため、現在は東部ドンバス地方(ドネツク、ルガンスク両州一帯)と南東部マリウポリに作戦を縮小させているという。

 

アレストビッチ氏は「露軍が攻勢に出ようとしている唯一の場所がドンバスだ」とし、東部で近く侵攻が始まる可能性を指摘した。

 

ルガンスク州のハイダイ知事も「今後数日で露軍は攻勢に移る。

その展開によって今後の停戦協議のプロセスが決まる」と述べた。

 

10日にキーウでオーストリアのネハンマー首相と会談したゼレンスキー氏も「ウクライナはいつも交渉の準備ができており、戦争を終わらせる道を探っていくが、東部で将来を左右する戦闘の準備が行われているのも見ている」と語り、露軍の攻勢に備える考えを示した。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

露軍は3月下旬に「作戦の第1段階は達成された」としてウクライナ北部やキーウ周辺からの撤収を始め、代わりにドンバスの「解放」を目標に掲げている。

 

一方で、米CNNは9日、露軍部隊の約4分の1が既に「作戦遂行能力を失っている」とする欧州当局者の見方を報じており、露軍が損失拡大の結果、戦線の縮小を余儀なくされたとの見方が強まっている。

 

ただ、露軍は予備役らの招集も進めるなど、ウクライナ東部に戦力を補充しているとみられている。

 

ウクライナのクレバ外相は「ドンバスの戦いは数千の戦車や装甲車、火砲が参加した第二次世界大戦の戦いを思い出させるものとなるだろう」と激しい戦闘を予想している。(毎日新聞)

 

 

ロシアの戦場に駆り出される兵士は、騙されて戦争で命を落とした若い兵士の事を知らないのだろうか?

なぜこれだけ無駄な戦争に駆り出される事に疑問を持たないのか?

 

ロシアの情報統制をまとも信じていないと思うけど戦争に行かざるを得ない状況に追い込まれているのか?

ただひとつだけ言える事はアメリカを始めとする西側諸国が相当の機動力のある兵器を供与している事。

 

無駄死にした事はプーチンを責めるべき。

 

 

小売業の意外な親会社

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.