時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

越谷市に地下鉄

投稿日:

スポンサードリンク



 

一般的に地下鉄敷設の条件としてその都市の人口規模が100万人と言われている。

100万の人口がいないと地下鉄という高額な投資に見合う収入が得られないという事だ。

 

だから日本の地下鉄がある都市で一番人口が少ないと思われる仙台市でも人口はおよそ108万人もいる。(千葉県の船橋市には東京メトロ東西線が走っているがこちらはあくまでも東京都の地下鉄なので船橋市はカウントしない)

だから100万人を割る様な都市はモノレールで対応する事になる。

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

 

千葉市や北九州市などがそうだ。

ところで地方の都市の地図を見ているとついつい地下鉄計画を立てたくなる。

 

人口が100万にも満たない都市でも仮想で敷設してみるのは楽しい。

ということで今回、食指が動いたのは埼玉県の越谷市だ。

 

越谷市の人口はおよそ35万人で埼玉県内4位の人口を有する中核市だ。

東京の衛星都市としてまたレイクタウンという宅地開発もあり人口は僅かながらも増加傾向にある。

 

この越谷市には東武スカイツリーラインとJR武蔵野線が十字に交差して市内をカバーできているように思われる。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

しかし市域が結構、広いため完全にカバーできているとも思えない。

そこで市内の中心駅でもある南越谷駅とレイクタウンを絡めた地下鉄路線を計画してみた。

 

起点は「埼玉県立大学」で終点は「越谷レイクタウン駅」となる。

 

埼玉県立大学

千間台第四公園

せんげん台駅

北下間久里

弥十郎

東大沢三丁目

花田

東越谷

越谷駅

赤山町

南越谷駅

越谷市流通団地

越谷レイクタウン駅

 

というルートになる。

 

越谷市内を南北から東西にコンパクトにまとめられたと思うが地元の方のご意見はいかがだろうか?

実をいうと越谷市には近隣の街(草加市、八潮市、吉川市、三郷市、松伏町)との合併話がある。

 

 

最終的に政令指定都市を目指しているがその時には越谷レイクタウン駅付近がその中心地になるように思われる。

という事で越谷レイクタウン駅を地下鉄構想から外す事が出来なかった。

 

ただこの越谷レイクタウン駅には現実的に東京メトロ有楽町線の延長計画がある。

この仮想地下鉄が実現する可能性はかなり低いだろう。

 

長崎新幹線の憂鬱

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.