時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

バリエーション豊富な特急かいじ

投稿日:

スポンサードリンク



 

中央線の「かいじ」という特急電車をご存じだろうか?

漢字で書くと「甲斐路」となるのだろうか?

 

一般的な認識だと東京の新宿駅と山梨県の甲府駅(一部竜王駅行が有り)を結んでいるイメージだ。

甲府駅は中央本線の東京と長野県の中間地点にある駅だ。

 

長崎新幹線の憂鬱

 

県庁所在地であり富士宮方面に向かう「身延線」の分岐があるため松本方面に向かう特急あずさも含めてすべての特急が停まる駅だ。

さてこの甲府駅の上りの時刻表が非常に面白い。

 

実をいうとこの「かいじ」という特急電車は上りの東京方面に2方向プラス3つの目的地を持っているのだ。

ただしこれはあくまでも臨時特急を含む数字なので誤解のないように。

 

基本はあくまでも「新宿駅」行きだ。

一部は東京駅まで乗り入れている。

 

よく「なぜ東京駅から中央線の特急を走らせないのか」という話がある。

確かに中央線の起点は東京駅だ。

 

でも朝の東京駅中央線のホームを見れば納得するはずだ。

快速電車の超過密ダイヤでとても特急電車が割り込める余地はない。

 

基本は「新宿駅」で正解なのだ。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

上野駅などと同じくすべての特急の始発を起点駅に持ってこれない。

これが東京というメガシティの現実だ。

 

さて行先のバリエーションの話に戻そう。

一つ目は千葉駅だ。

 

この特急を「ちばかいじ」という。

お茶の水駅から総武緩行線用の線路に入り、秋葉原を通過して錦糸町駅の手前から総武本線に戻り千葉駅に向かう。

秋葉原駅を通過する際には非常に違和感を覚える。

 

 

二つ目の目的地は埼玉県の大宮駅だ。

立川駅を出た車両は西国分寺駅の手前から武蔵野線に入り貨物線を経由して大宮駅に至る。

 

この他にも立川駅-小淵沢間を下り列車のみ運転される「山かいじ」なる登山用の特急の設定もある。

また以前は八王子駅から横浜線を経由して横浜駅に向かう「はまかいじ」の設定もあったが現在は終了している。

 

とにかく中央線を媒体に行先のバリエーション豊富な特急かいじ。

乗り間違いの無い様にしたいものだ。

 

なお一般の「かいじ」以外は臨時運転となっているためご利用の際にはJR東日本にご確認いただきたい。

 

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.