時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

縁起物財布の通販

投稿日:

スポンサードリンク



 

高倉健、桃井かおり、武田鉄矢が共演した「幸せの黄色いハンカチ」という映画があったのは覚えているだろうか?

刑務所を出所した高倉健が元妻の元に向かい北海道内を旅する。

 

元妻が待っていてくれるとしたら約束の黄色いハンカチが出ているというものだった。

ハッピーエンドは予想できていたのに涙したシニアの方は多かったのではないだろうか?

 

なぜワイドショーの内容は皆同じなのか?

 

黄色は幸せとか楽しいといったポジティブなイメージがある。

また風水においても「運気アップ」のパワーを感じさせる。

 

新聞のチラシを見ているとたまに「幸せの黄色い財布」の類のものを見かけないだろうか?

俗にいう縁起物財布の通販だ。

 

そのチラシは厚手の紙にフルカラー印刷をしておりいかにもバブリーなイメージ。

財布は長財布でポケットも多く重宝しそうなデザインだが、価格は1万円とノンブランドの割には強気の価格設定だ。

 

こんな財布を誰が買うのかほとんどの人が思うはず。

ところがこの手の商品を売りに出すと僅かだがレスポンスがある。

 

その割合はまさに0コンマ以下のパーセンテージだろう。

仮に10万枚チラシをバラ撒いても数十人といったところだ。

 

でも商品を確実に購入する人がいる。

ただこれだけ豪華なチラシを作って新聞でバラ撒けばそれなりの広告宣伝費がかかる事になる。

 

果たして数十万円の売り上げてこのビジネスが成立するのか?

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

ところが実は成立するのである。

その仕組みはこうだ。

 

実はこのビジネスを仕掛けている業者は今回の財布の商売で利益を出そうとは思っていないのだ。

彼らが高額な広告宣伝費を投じて得たかったものは、「縁起を担ぐ商品に興味を持つ顧客リスト」だった。

 

実をいうと縁起を担ぐ人はその手の商品を購入するためには多少の出費をいとまない。

つまり販売業者側から見ると非常に「美味しいマーケット」なのだ。

 

この業者は次回以降、この黄色い財布より利益率の良い他の商品を揃える。

新聞広告など高額な宣伝媒体を使わずにダイレクトメールでこの顧客リストに商品を案内するというわけだ。

 

これは素人目にみてもかなりの確立で販売成約が期待できそうだ。

まさに「損して得をとれ」だ。

 

 

一見、遠回りしているように見える商売に見えるがターゲットを絞って効率よく販売していく縁起物財布の通販にはこのような裏があったというわけだ。

あなたも通販で何か買い物をしている時に知らない間に「何かのリストの括り」に入ってしまっているかもしれない。

 

ペット商品をたくさん購入する人などはその典型かもしれない。

 

空売りの仕組み

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.