時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

ワイドショーは1社で作っている?

投稿日:

スポンサードリンク



 

最近の朝のワイド―ショーといえば「闇営業問題」の一辺倒だ。

ちょっと固い内容にも触れているワイドショーなら「韓国への輸出規制問題」にも触れているかもしれない。

 

高齢者の交通事故問題などとにかくワイドショーは視聴者が興味を持ってくれそうなネタを切り口に番組を構成してくる。

あまり興味の湧かないネタになったので他局にチャンネルを変えても今まで見ていたチャンネルとほぼ同じようなネタが放送されている。

 

その内容は正直かなり酷似している。

この時間帯のテレビ視聴者は正直いって少ない。

 

またその視聴者像もかなり絞りこめる。

大方、専業主婦か高齢者しかいないだろう。

 

それにしてもあまりにも番組内容が似すぎていないだろうか?

答えは簡単だ。

 

番組を製作している会社が皆同じだからだ。

実をいうとこの時間帯のワイドショーはテレビ局が番組を直接制作していない。

 

ゴールデンタイムに比べてスポンサーもつき難いのかもしれないがこの時間帯はテレビ局側も外注に丸投げしている場合が多い。

という事でこの手のワイドショー番組を一手に引き受けて制作している会社が存在するというわけだ。

 

視聴率が稼げないこの時間帯はなるべく経費を押さえて、なおかつ万人受けするネタを扱うワイドショーは重宝する。

 

スポンサードリンク



 

それが外注ならなお良いという事だろう。

そもそもそんなに視聴率を稼げないのならいっそのこと午前中の数時間、午後の数時間はテレビの放映をお休みにすればと思ってしまう。

 

しかしワイドショーを1社で作っているというのはにわかに信じがたい話だが事実だ。

実は複数のワイドショーを一手に引き受けている制作会社は「泉放送制作」という会社だ。

 

元TBSのプロデューサーであった泉久次氏が立ち上げた会社でその制作番組を見ると驚愕してしまう。

TBSの「ビビット」、「ひるおび」、フジテレビの「とくダネ」、「ノンストップ」さらに「グッデイ」、はたまたテレビ朝日の「モーニングショー」はすべてこの「泉放送制作」によって制作されている。

 

 

東京キー局の朝のワイドショーはまさに一社で独占されている。

これでは確かにワイドショーの内容が似ていても不思議ではない。

 

ただ制作会社が一社に集中することは危険だ。

それは戦時中の「玉砕報道」などの情報操作につながる可能性があるからだ。

 

この「泉放送制作」の制作する番組でイデオロギーに関する情報についてはその内容を鵜呑みにしない方がよいだろう。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.