時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

人口崩壊する日本

更新日:

スポンサードリンク



 

日本が人口崩壊する?

にわかに信じがたい話だ。

 

でも「2045年市町村将来推計人口ランキング」なる資料がある。

興味のある方はネットでググればすぐご覧になる事ができると思う。

 

2015年から2045年の日本の各市町村の人口増減率を表わしているのだがこの資料を見る末恐ろしくなってくる。

2045年といえば遠い未来ではなく僅か26年後だ。

 

自分が存命かどうかは微妙なところだ。

2045年の市町村増減率のランキングのベスト5は

 

1.神奈川県横浜市 344.6万人(-7.5%)

2.大阪府大阪市 241万人(-10.4%)

3.愛知県名古屋市 217.3万人(-5.3%)

4.北海道札幌市 180.5万人(-7.5%)

5.福岡県福岡市 165.4万人(7.5%)

 

となっている。

人口の後に表記されているカッコ内の(%)は2015年との人口の比較である。

 

なんとベスト5の都市のうち福岡市を除いてすべての都市が減少しているのだ。

関東でも東京と同じぐらいのブランド力を有する横浜市。

 

日本第二の都市で近畿圏の中心都市でもある大阪市。

中部圏の中心都市である名古屋市。

 

北海道の北の都である札幌市。

これらの大都市がマイナスなっているのだ。

 

かろうじて福岡市がプラスになっているのがせめてもの救いだろう。

なお東京都は区部でランキング入りしているためトップ10には顔がを出てこない。

 

でも東京都の中でも勝ち組負け組がはっきりしているようだ。

足立区はなんと-12.6%にもなっている。

 

東京都でさえこの状況なのだから驚かされる。

 

スポンサードリンク



 

単純に日本の総人口は2015年から2045年の間に2,000万人減るとされている。

2,000万人といえば100万都市が20ヶ分である。

 

隣街に人が大量に移転したとかのレベルの話ではないのだ。

ちなみに現在の政令指定都市でプラスに転じるのは6位の神奈川県川崎市(5.1%)と9位の埼玉県さいたま市(1.7%)の二都市のみだ。

 

 

それ以外の政令指定都市はすべて人口が減少に転じる。

 

7.京都府京都市 129.7万人(-12.1%)

10.広島県広島市 129.5万人(-15.7%)

11.宮城県仙台市 92.2万人(-14.7%)

13.千葉県千葉市 90.5万人(-6.9%)

15.福岡県北九州市 77.1万人(-19.8%)

 

17.大阪府堺市 70.7万人(-15.7%)

18.静岡県浜松市 70.4万人(-11.7%)

19.熊本県熊本市 69万人(-6.8%)

20.新潟県新潟市 68.8万人(-15%)

21.岡山県岡山市 68.4万人(-4.9%)

 

22.神奈川県相模原市 63.6万人(-11.6%)

30.静岡県静岡市 56.7万人(-19.5%)

 

特に北九州市と静岡市は厳しいだろう。

なんと20%近い減少だ。

 

静岡市は政令指定都市ではない千葉県の船橋市や埼玉県の川口市にも抜かれる。

こうなると政令指定都市の意義を考える必要性がでてきそうだ。

 

ただこれらの政令指定都市はまだ黄色信号だ。

宮城県石巻市、大阪府門真市、群馬県桐生市などはマイナス40%にも及ぶ。

 

まさに赤信号なのだ。

人口崩壊する日本。

 

これは現実的な話だ。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.