時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

地方都市の消滅

更新日:

スポンサードリンク



 

「2045年市町村将来推計人口ランキング」という資料がある。

2015年から2045年の日本の市町村の人口増減率をランキング化している。

 

2045年は今から26年後なので自分が存命なのかもわからない。

この資料を読んでいると日本の行く末が不安になってくる。

 

確かにこの資料を読んでいると政府が進める「外国人労働者受け入れ」も必要に感じてくる。

2045年の推計人口ランキングのベスト5は

 

1.神奈川県横浜市 344.6万人(-7.5%)

2.大阪府大阪市 241万人(-10.4%)

3.愛知県名古屋市 217.3万人(-5.3%)

4.北海道札幌市 180.5万人(-7.5%)

5.福岡県福岡市 165.4万人(7.5%)

 

となっている。

人口の後にあるカッコ内の(%)は2015年との人口の増減率になっている。

 

ベスト5のうち福岡市を除くすべての都市が減少している。

関東でも指折の人気都市である横浜市、日本第二の都市で商都の大阪市、中部経済圏をけん引する名古屋市、そして北海道経済を引っ張る札幌市だ。

 

 

これらの大都市がマイナスに移行する事は由々しき問題である。

ちなみに東京都は区部でランキングにカウントしているためトップ10には出てこない。

 

それでも東京都の中でも勝ち組、負け組がはっきりしているようだ。

足立区は-12.6%にも及ぶ。

 

スポンサードリンク



 

それでは他の都市に流れているかといえばそうでない。

全体として減っているのだ。

 

現状の政令指定都市でプラスになっているのは6位の神奈川県川崎市(5.1%)と9位の埼玉県さいたま市(1.7%)のみだ。

つまるところその他の政令指定都市も軒並み人口が減少することになる。

 

あなたの住んでいる街はいかがだろう?

 

7.京都府京都市 129.7万人(-12.1%)

10.広島県広島市 129.5万人(-15.7%)

11.宮城県仙台市 92.2万人(-14.7%)

13.千葉県千葉市 90.5万人(-6.9%)

15.福岡県北九州市 77.1万人(-19.8%)

17.大阪府堺市 70.7万人(-15.7%)

 

18.静岡県浜松市 70.4万人(-11.7%)

19.熊本県熊本市 69万人(-6.8%)

20.新潟県新潟市 68.8万人(-15%)

21.岡山県岡山市 68.4万人(-4.9%)

22.神奈川県相模原市 63.6万人(-11.6%)

30.静岡県静岡市 56.7万人(-19.5%)

 

特に北九州市と静岡市は20%近い減少が予測されている。

静岡市は政令指定都市ではない千葉県船橋市や埼玉県川口市にも抜かれる事になるだろう。

 

ただこの話は政令指定都市などの大きな街だけに限った問題ではない。

今後、規模の小さな地方都市の消滅が現実化しようとしている。

 

あなたの住む街は大丈夫だろうか?

この資料をご覧になりたい方はネットで「2045年市町村将来推計人口ランキング」と検索してほしい。

 

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.