時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

北朝鮮の「怪物ICBM」か

投稿日:

スポンサードリンク



 

北朝鮮が24日に発射した「ミサイル」は、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」だった可能性が指摘されている。

2017年に相次いで試射された「火星14」や「火星15」より巨大化し「怪物」と呼ばれる。

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

 

米全土を狙うほど射程を伸ばすだけではない。

複数の核弾頭やおとりを搭載できる多弾頭化で「米国のミサイル迎撃を困難にするよう設計」されていると、専門家の間で警戒される。

 

火星17の初登場は20年10月、平壌での軍事パレードだ。

公式のデータがない中、外観から分かる情報で注目されたのは、車輪を数えることで分かる移動式発射台(TEL)の車軸の数だ。

 

この「新型」は11軸で、火星15の9軸、火星14の8軸より長い。

世界で最も全長が長いICBMとみられている。

 

米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」によると、直径は火星15と同程度の2.4~2.5メートルだが、長さは約24~25メートルと2~3メートル長いと推計している。

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

長くなった要因として、専門家は「ロケットを上げる力を高めるため、エンジンを改良した」と推測する。

射程は火星14が5500キロ以上、火星15が1万キロ以上とされる。

 

1万キロでようやく米西海岸に届く。

火星17の射程は、それを大きく上回ると考えられている。

 

聯合ニュースによると、弾頭部も核弾頭が2~3発搭載できる形状に変化した。

ウクライナ問題や対中問題で身動きが取れなくなった米国に、北朝鮮が火星17で揺さぶりをかけ始めた。(時事通信)

 

 

目には目ではないがやはり日本も核武装して周辺の覇権国家に対抗する時期に来ていると思う。

もちろんあくまでも抑止力だ。

 

現状、新たに核兵器を作る事は出来ないならやはりアメリカとの共有が一番現実的ではないだろうか?

話が通じない野蛮国家に対抗するにはやはり核武装しかない。

 

 

イオンが無い県がある

スポンサードリンク



-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.