時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

頑張るほくほく線

投稿日:

スポンサードリンク



 

「ほくほく線」というローカル線をご存じだろうか?

この路線の名前を知っているのは新潟県にお住まいの方か鉄道が好きな方がほとんどだろう。

 

ほくほく線は新潟県の魚沼市の六日町駅から同じく新潟県の信越本線の犀潟(さいがた)駅を結ぶ北越急行の路線だ。

北越急行は新潟県、上越市、十日町市や地元銀行などが主要株主となって第三セクターで運営されている。

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

 

全国で軒並み苦戦している第三セクターの中では珍しく2014年までは黒字をたたき出している。

ほくほく線の収益の柱は上越新幹線の越後湯沢駅から福井駅まで運転されていた「特急はくたか」の通行料だ。

 

この路線を作った目的はもちろん上越新幹線から北陸方面へのショートカットだ。

当時、長岡駅からの乗り換えが主流だったが、この路線の誕生により北陸方面への時間が大幅に短縮された。

 

そう当時はこの頑張るほくほく線の全盛期だった。

それがなぜ2015年以降赤字に転落してしまったのか?

 

それは先ほどの稼ぎ頭だった特急はくたかがこのほくほく線を走らなくなったからだ。

実ははくたかは北陸新幹線に昇格して現在、各駅タイプ(東海道新幹線でいうところのこだま号)として活躍しているのだ。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

稼ぎ頭のいなくなったほくほく線は大丈夫なのか?

実は北越急行は過去の黒字分の内部留保を切り崩しながら30年は営業できると見込みとされているのだ。

 

ただ北越急行側も楽観視しているわけじゃない。

人口減少著しい地域の鉄道離れが一段と進めば30年を持つ保証がないからだ。

 

 

そこで北越急行は積極的に手を打っている。

主力のはくたかを取られた北越急行は今度はそのはくたかと勝負している。

 

直江津発13時53分発の「超快速スノーラビット」という快速電車がある。

この快速に乗れば越後湯沢駅に14時54分に到着。

 

連絡する上越新幹線のときに乗車すれば東京駅に16時28分に到着できる。

現在、同時間帯に直江津駅をえちごトキめき鉄道(北陸新幹線開通に伴う信越本線の第三セクター化路線)で北陸新幹線の「上越妙高駅」に向かう電車が無いので時間的な比較は難しいがそこそこ対抗できている。

 

上越妙高駅には一時間に一本程度しか新幹線が停まらないウイークポイントをついた作戦だ。

既定路線だった直江津駅の北陸新幹線停車は叶わなかった。

 

直江津駅付近に住む人としては頑張るほくほく線ルートを応援したくなるかもしれない。

 

長崎新幹線の憂鬱

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.