時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

西明石駅とのぞみ

投稿日:

スポンサードリンク



 

東海道、山陽新幹線でのぞみが停車する駅は限定される。

現状固定で停車駅になっているのは、東京駅、品川駅、新横浜駅、名古屋駅、京都駅、新大阪駅、新神戸駅、岡山駅、広島駅、小倉駅、博多駅の12駅だ。

 

その他の駅は一部のぞみが停車するだけで基本はひかりタイプやこだまタイプの停車駅となる。

よく話題になるのが静岡県だ。

 

日本で一番、新幹線の停車駅が多い県だが現在、最速タイプののぞみは一本も停車していない。

静岡県としては県都の静岡駅もしくは工業都市である浜松駅あたりに一部でものぞみを停車させたいところだが実現はきびしそうだ。

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

 

さてその一部ののぞみが停車する駅とはご存じだろうか?

それは西明石駅、姫路駅、福山駅、徳山駅、新山口駅となる。

 

特に西明石駅にのぞみが停まる事をご存じの方は少ないと思う。

それはそうだ。

 

上りが一本、下りが一本しかないのだ。

上りは6時発の東京駅行になっている。

 

実はこののぞみは厳密には「新神戸始発」の意味合いが強い。

JR側は始発が走れる早朝の6時に「新神戸始発」を設定したかった。

 

これは航空路線との競合が絡んでいる。

 

スポンサードリンク



 

神戸空港の朝一番の羽田行きは現状、7時5分発で羽田到着が8時15分になるからだ。

ところが新神戸駅に始発を走らせる事ができない。

 

新神戸駅をご存じの方はわかると思うがこの駅にはホームが上り下りで各一本しかない。

つまり待避線が無いので始発が組めないのだ。

 

そのためお隣の西明石駅を6時ちょうどに、そして新神戸駅を6時9分に出発して東京行きの客を拾おうというものだ。

こののぞみの東京駅到着が8時53分。

 

神戸市内の移動、羽田から都心部への移動時間を考えればのぞみの方に軍配が揚がるだろう。

ちなみに下りはのぞみ133号東京駅発岡山駅行きの最終のみが西明石駅に停車している。

 

これは上りとのバランスを考えて設定されたものだと思う。

本来であれば西明石駅にのぞみの停車は期待できなかったが「棚から牡丹餅」で停車する事になった。

 

 

鉄道駅には必ず「地の利」が存在する。

場所の関係で大きなターミナルになった駅は結構ある。

 

現在はさいたま市となっているが大宮駅はその典型だ。

この街には鉄道路線や道路が集まり当時の県庁所在地であった浦和市を凌駕する規模になった。

 

佐賀県の鳥栖駅などもそうだろう。

西明石駅とのぞみ。

 

新神戸駅の次の駅だった事はまさに「地の利」だったかもしれない。

 

長崎新幹線の憂鬱

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.