時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

人気のムサコ

投稿日:

スポンサードリンク



 

「ムサコ」という名前をご存じだろうか?

一見すると女性の名前のようにも思えるが実はこれは人の名前ではない。

 

これは地名の略称である。

東京都内には略称化された地名が結構多い。

 

地方の方でもテレビなどで聞いたことがあるはずだ。

例えば「秋葉原(あきはばら)」は「アキバ」と呼ばれている。

 

自分はあまりつかったことがないが「池袋(いけぶくろ)」は「ブクロ」。

また「下北沢(しもきたざわ)」は「シモキタ」という感じだ。

 

住みたい街上位の「吉祥寺(きちじょうじ)」は「ジョージ」とカッコ良く呼ばれている。

さて「ムサコ」はどこだろうか?

 

地方にお住まいの方には少々難しいだろう。

それではヒントを差し上げよう。

 

ここでいう「ムサ」とは「武蔵」のことで「コ」は「小」のことだ。

「武蔵」はもちろん「武蔵国」という旧国名だ。

 

「武蔵国」とは現在の埼玉県(旧中葛飾郡を除く全域)および東京都全域と神奈川県(川崎市と横浜市)の広域な地域を指す。

だから関東には「武蔵」が頭にくる地名が多い。

 

自治体でいえば東京都下のに「武蔵野市」、「武蔵村山市」だ。

また駅名になると「武蔵小金井駅」、「武蔵境駅」、「武蔵浦和駅」など関東地方に21駅もある。

 

スポンサードリンク



 

さて話を「ムサコ」に戻そう。

「ムサコ」とは「武蔵」と「小」で始まる地名の組み合わせの駅名を表わしている。

 

なんとその候補は三駅もあるのだ。

一つ目が東京駅から西部の八王子方面に走る中央線にある「武蔵小金井駅」。

 

二つ目が山手線の目黒駅から横浜方面に走る東急目黒線にある「武蔵小山駅」だ。

そして三つ目は山手線の渋谷駅から同じく横浜方面に走る東急東横線で川崎市にある「武蔵小杉駅」になる。

 

 

「武蔵小杉駅」は現在、その利便性から非常に人気で高層マンションが乱立している。

多摩川の対岸の東京都内より高くなっている物件があるらしい。

 

人気度だけで言えば「ムサコ」は「武蔵小杉駅」にも思えるが現実的にはそうではなさそうだ。

実は「武蔵小金井駅」や「武蔵小山駅」周辺では地元のことを「ムサコ」という呼びのが定着しているらしい。

 

しかし急激に人口が増えて新しい住人の多い「武蔵小杉駅」周辺では「ムサコ」が定着しるとも言えない。

むしろ「武蔵小杉駅」周辺では「コスギ」という呼び方の方が定着している。

 

人気の「ムサコ」だが候補地が三ヶ所あるというのが現段階では正解なのだろう。

そういえば自分が学生の頃、は東京都小平市にある「武蔵野美術大学」は通称「ムサビ」と言われていた。

 

小平市は武蔵小金井駅の目と鼻の先だ。

もしかすると「ムサコ」もこの「ムサビ」から発展したものなのかもしれない。

 

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.