時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

喫煙のデメリット

投稿日:

スポンサードリンク



 

10月1日からセブンスターが一箱500円に値上げされた。

煙草がワンコインかと思うと隔世の感に包まれる。

 

学生時代から煙草を吸い始めた自分だが30歳を前に早めに煙草と縁を切った。

当時吸っていたハイライトが150円。

 

セブンスターが180円の時代だ。

その当時からもうすでに三倍の価格に跳ね上がっていることになる。

 

ただ今回の値上げでいったいどれだけの喫煙者が煙草を止めたであろうか?

ほぼ数字は変わっていないのではないだろうか?

 

この逆風の中、煙草を吸っている方々はかなり頑なだ。

おそらくもう一桁増えない限り煙草を止める事はないだろう。

 

 

今から冷静になって思いだすと煙草を美味しく感じる瞬間はかなり限られていたような気がする。

食後は美味しいのは覚えているが果たしてあとの煙草にいったいどれだけの美味しさがあっただろうか?

 

ビジネスで取引先とテーブルにつく度に煙草を吹かし始める。

ビジネスの小道具になっていてほぼ条件反射になっている。

 

夕方あたりになると煙草の香りもあったものではない。

あるのは不快感と吐き気だけだ。

 

スポンサードリンク



 

それだけ嫌な思いをしながらも喫煙のデメリットと向かい合っていかなくてはならない。

煙草には「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などなど命にかかわる疾患のリスクを背負うことになる。

 

もちろん煙草を吸っていなくてもこれらの疾患になる可能性は否めない。

ただあえて自分から火の海に飛び込んでいくこともないだろう。

 

煙草を止めると太るとかいうのは止めたくない人のいいわけだ。

自分は止めてもある一つの事を除いて何も変わらなかった。

 

それは「口元の臭い」だ。

数年もすれば禁煙をした方の口元から煙草の臭いが消える。

 

実は自分が喫煙のデメリットとして疾患と並ぶぐらいに知って欲しいのが「口元の臭い」なのだ。

とにかく臭い。

 

これは煙草を吸っている人には絶対にわかるはずのない事実なのだ。

煙草を吸っていない女性にとって煙草を吸っている男性とのキスはかなり残酷なものだったはずだ。

 

煙草を止めて数十年経った自分も喫煙者のそばによると吐き気がしてくる。

そんなはずはないと言う喫煙者の方は非喫煙者の家族や友人に聞いてみてほしい。

 

たぶん皆さんこう答えるだろう。

「今まで言えなかったけど我慢していた」と。

 

そうあなたは何十年も前から周囲に公害をまき散らしていたのだ。

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.