時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

ポールマッカートニーも76歳

投稿日:

スポンサードリンク



 

先日、ポールマッカートニーがアルバム「Abbey Road」で有名になったロンドンの横断歩道を渡る姿が「Instagram」で公開され話題になった。

自分は「Abbey Road」を横断した事よりもその老輩ぶりに驚いてしまった。

 

スーパースターも皆と一緒に平等に歳を重ねていたのだ。

1942年生まれの御年76歳になったポールマッカートニーはジョンレノン、ジョージハリスン、リンゴスターと共に今世紀最高のロックバンド「ザ・ビートルズ」として君臨した。

 

ギネスには「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として名を残しておりこれに異論を唱える人はいないだろう。

中学、高校とビートルズにはまった自分も今やシニア世代。

 

ある意味彼らと同世代を過ごせただけでも幸せなのかもしれない。

そのビートルズのメンバーも残っているのはこのポールマッカートニーとリンゴスターだけだ。

 

特にジョンレノンは1980年の12月アメリカはニューヨークで銃弾に倒れている。

享年僅か40歳の早すぎる死だった。

 

ジョンが愛していたニューヨークの街で撃たれるという何とも皮肉な話で、メンバーの中でも一番好きだったジョンの死は衝撃的だった事を覚えている。

もしジョンが生きていれば現在78歳。

 

どちらにしても過激な生き方だったと思う。

 

スポンサードリンク



 

ジョージハリスンは2001年に肺がんと脳腫瘍で亡くなっている。

享年58歳の若さだった。

 

もしジョージが生きていれば現在75歳だ。

きっとエリッククラプトンと精力的にツアー活動を続けていたかもしれない。

 

ある意味一番楽天的なイメージあるリンゴが現段階も一番長生きをしていることになる。

現在78歳だ。

 

ポールの台頭とジョンのヨーコへの傾倒で対立を始めた頃でもリンゴという潤滑油があったからこそグループとして活動できたと思っている。

「ザ・ビートルズ」は誰一人かけても「ザ・ビートルズ」ではないのだ。

 

 

最近でもビートルズの曲は定期的に聞いている。

自分のアイポッドでランダムで演奏するとビートルズが曲が結構でてくる。

 

とても新鮮だ。

1960年代の音楽とは思えない。

 

「ビートルズの再来」と比喩されたミュージシャンがたくさん出てきたが誰も越せない。

今となってもクラシックを含めた音楽の「音楽の3B」の一角を占めているとも言われている「ザ・ビートルズ」。

 

自分達の生きている間にこのグループを越すミュージシャンが出てきて欲しいような出てきて欲しくないような気分だ。

 

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.