時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

眉毛の白髪を染める?

投稿日:

スポンサードリンク



 

鏡の前に長居するのは女性の専売特許だった。

ところが最近の自分はやたらと鏡の前に長居しがちだ。

 

そんな男性が増えているのではないだろうか?

自分が鏡の前に長居するのには理由ががある。

 

まずなんといっても髪の毛だ。

若い頃に比べるとかなり減ったと実感する。

 

頭の上をずっと眺めていても髪の毛が増えるわけもない。

ただ憂鬱な時間が増えるだけだ。

 

そしてそのまま今度は髪の毛の白髪に視線が移る。

本当に染めても染めてもキリがない。

 

残り少ない髪の毛も根元を探っていくと恐ろしいほど真っ白なのだ。

特に潤沢に髪の毛が残っている両サイドから襟あし部分が酷い。

 

これを見ると坊主にするのも考えものだと思う。

さて白髪も気にしだすとキリがないのでおりあえず切り上げてしまう。

 

視線を下に降ろしてくると今度気になるのは髭や鼻毛に混じる白髪だ。

知らない間に白髪が顔全体に感染している。

 

髭は毎日小まめに剃っていればさして目立たない。

また鼻毛も目立つものについては適時処理しているのでこちらも問題ない。

 

そう考えると男性の鏡の前の長居の原因はほぼ「毛」の類だ。

鏡の前のチェックも一段落して出かけようとした時、ちらっと何かが視線に入ってきた。

 

スポンサードリンク



 

更なる「毛」の伏兵がいたのだ。

それは「眉毛の白髪」だ。

 

老眼で気が付かなかった結構な量の白髪が眉毛の間に増えていた。

目の真上の眉毛の白髪に気がつかないとはまさに「灯台もと暗し」だった。

 

過去の総理大臣の中にも立派な白髪の眉毛を伸ばしている方もいた。

でも自分は眉毛の白髪は嫌だ。

 

 

どうしても頭髪以上に老けて見られるからだ。

ただ人間の体に生えている毛にはそれなりの目的がある。

 

だからやみくもに抜くような事はよくないのは知っている。

かといって眉毛の白髪を染めるのもどうだろうか?

 

だから自分は鼻毛用の小さなはさみで眉毛の白髪を根元から処理する方法をとっている。

仮に染めてもどんどん成長していくからだ。

 

人の老後は白髪と無駄毛との戦いなのかもしれない。

白髪は老化により「チロシン」というアミノ酸が減少する事が原因らしい。

 

このチロシンというアミノ酸は「大豆」、「カツオ」また「たらこ」、「チーズ」などに多く含まれている。

酒飲みの自分には大好きな「酒の肴」が並んだ格好だ。

 

果たしてこの歳になってから食べて効果があるかはわからない。

残りの人生は頭髪や眉毛の白髪との長い戦いになりそうだ。

 

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.