時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

IT

プリントスクリーンの使い方

投稿日:

スポンサードリンク



 

パソコンの使い方を説明しているホームページを見ていると画面を写し出した画像が出てくるの見たことないだろうか?

パソコンの画面があると操作方法などが大変わかり易くなる。

 

ユーザビリティー(使い手側の視点から作られた)の良いホームページはユーザーに支持されやすい。

またもっとユーザビリティー考えているサイトになるとOS(オーエス=Operating Systemの略、パソコンを動かすための基本的なソフトウェア。ウインドウズやMac osなど)のバージョンごとにこの画面を用意してくれているサイトもある。

 

ところでご自分の作ったワードエクセルにこのような画像を入れて文章を作ってみたくはないだろうか?

これが思ったより簡単にできるので説明しよう。

 

パソコンの画面を取り込むには「Print Screen(プリントスクリーン)」というボタンを使用する。

パソコンのキーボード右上段に「PRTSC」もしくは「Print Screen」というボタンがあるはずだ。

 

まず取り込みたい画像を準備する必要がある。

今回は練習なのでYahoo!のトップページを取り込んでみたい。

 

注意が必要なのがあくまでも画面で見えている部分しか画像として取り込めない事だ。

 

スポンサードリンク



 

もしサイト全体を取り入れたいのなら画面をズームアウトする必要がある。

ただしYahoo!のトップページは延々と下に表示されるからその作業は無駄である。

 

さて「Alt」ボタンを押しつつまたは「Fn」ボタンと「Alt」を押しながらこの「PRTSC」もしくは「Print Screen」ボタンを押せば画像をコピーできた事になる。

音も何もないのでコピーできたか少々不安だ。

 

 

次はパソコンの左下にあるウインドウズマークから「すべてのプログラム」-「ペイント」とクリックして「ペイント」を立ち上げる。

「ペイント」が立ちあがったら「Ctrl」と「V」ボタンを一緒に押してペイントに画像を貼りつける。

 

合わせてショートカットキーも覚えてしまおう。

貼りついた画像の不要な部分を削除したい。

 

「選択」ツールで必要な部分のみを選択する。

そして「トリミング」をすれば他の部分が消える。

 

「名前をつけて保存」をすれば作業は終了だ。

ワードやエクセルで画像を入れたい所に「挿入」からこのファイルを指定する。

 

画像の大きさを調整すれば完成だ。

どうだろう?

 

思ったより簡単なはずだ。

 

スポンサードリンク



 

-IT

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.