時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

吉田拓郎がラジオで最終回

投稿日:

スポンサードリンク



 

アーティスト活動にピリオドを打つことを表明している吉田拓郎(76)が16日、ニッポン放送「吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」最終回(午後10時)に出演した。

番組冒頭で「最終回だからといって特別な企画があるわけじゃない」と切り出した。

 

メラビアンの法則は鋭い

 

コロナ禍とほぼ同時期だった、20年4月の番組開始当時を振り返り「ずっと家で1人でとっていた印象。やっとスタジオに来てゲストに会えてうれしかったけど、あっという間に最終回が来てしまった」と笑い交じりに話し、「さて今夜も自由気ままにお送りします」と番組をスタートさせ、定番テーマ曲「ビタースウィート・サンバ」が鳴り響いた。

 

50年以上にわたる音楽生活を回想した。

番組序盤は自身のデビュー曲、エレックレコード所属時に発売した「イメージの詩/マークII」について熱く語った。

 

作曲家として一番心に残っていることは「オファーがたくさんあること」だという。

「売れる売れない関係なく、作曲を人から依頼されて、その人のためにメロディーを書くのがすごく楽しかった」。

 

その際、曲への思いが高ぶり、イメージと違うことを書いてしまいそうだと、作詞を断っていたことも明かした。

数々の楽曲提供の中で、会心の曲にはキャンディーズの「やさしい悪魔」と、かまやつひろしの「水無し川」を挙げた。

 

ラジオにも感謝した。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

テレビにはない、ラジオだからこその魅力を語り「ラジオに育てられて、ラジオとともに青春したな」。

最後は思いの丈を存分に語った。

 

「僕は僕なりにこれからという道をまた進んでいくしかない。そこをひたすら歩くのが僕の人生。明日からまた新しい道が始まるんじゃないかな。既に始まっていると思う。今きた道をずっと歩いてるんじゃない、新しい道ということなんで。この新しい道の結論が何年後には出るんだなと思う。今日お話ししたのは、ここまで歩いてきた僕の道だったけど、明日からは違う道を歩くことになる」そして「本当に長い間、ありがとうございました」と語り、ラストは「今夜も君をこの胸に」を流して“最後の仕事”を締めくくった。(日刊スポーツ)

 

 

拓郎さん!お疲れ様です。

 

多くの人があなたの歌に魅せられるように自分も高校から大学にかけてかなり聞かせていただきました。

メロディーもさる事ながらあなたの歌詞には若者を惹きつけるメッセージがあった。

 

自分が好きな曲をチョイスさせていただきます。

「落陽」、「ひらひら」、「マークII」、「おきざりにした悲しみは」、「ビートルズが教えてくれた」、「ああ青春」、「流星」、「春を待つ手紙」、「元気です」等々挙げたらきりがない。

 

楽曲提供についてもキャンディーズなら「アン・ドゥ・トロワ」、また提供ではないが、かまやつと一緒に歌った「シンシア」の方が好きです。

 

76歳まで走ってこられました。

これからはゆっくり過ごしてもらいたいです。

 

 

ロト6の当選確率

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.