時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

小麦売り渡し価格を据え置き

投稿日:

スポンサードリンク



 

政府は、国が買い付けて製粉業者などに売り渡す輸入小麦の価格について、10月以降も現在の価格に据え置く方向で最終調整に入った。

 

小売業の意外な親会社

 

ロシアのウクライナ侵略の影響で、10月以降の売り渡し価格は大幅な上昇が見込まれていた。

15日に開催する政府の「物価・賃金・生活総合対策本部」で岸田首相が指示する。

 

輸入小麦はパンや麺類などの原料となっており、売り渡し価格の上昇は影響が大きい。

据え置くことで、家計の負担軽減を図る。

 

売り渡し価格は、4月と10月の年2回改定している。

今年4月には17・3%引き上げられ、1トンあたり平均7万2530円と、比較可能な2007年以降で2番目の高水準になっていた。

 

北米での不作が主因で、ウクライナ情勢の影響は10月から本格的に反映される見通しだった。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

政府は物価高対策を重視しており、12日には首相官邸に企業や団体の関係者を招き、「物価動向に関するヒアリング」を行った。

 

出席した山崎製パンの飯島延浩社長は終了後、記者団に「小麦の値段が上がると、価格改定せざるを得ない。回避できる施策をお願いした」と述べた。(読売新聞)

 

 

どうなんだろう?

結局、国が赤字分を負担したという事だろう。

 

こんなのそういつまでも続かない。

今回のロシアのウクライナ侵攻により多くの生産国が穀物の輸出規制に移行する。

 

小麦の価格は当面、上がり続けるのではないだろうか?

政府は小手先の政策よりも長期的な視野で小麦や大豆の国産化にむけて予算を付けるべきだ。

 

この先、うどんもパンも納豆も高級品になりかねない。

 

 

コンビニの飽和点

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.