時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ENEOSがミャンマー天然ガス撤退

投稿日:

スポンサードリンク



 

石油元売り大手のエネオスホールディングス(HD)は2日、ミャンマーで手がけている天然ガス事業から撤退すると発表した。

昨年2月の国軍によるクーデターで、事業の収益が国軍側の資金源になっているとの批判が強まっていた。

 

コンビニの飽和点

 

エネオスHDが撤退するのは、ミャンマー南部沖「イェタグンガス田」の開発事業。

日本政府、エネオスHD傘下のJX石油開発、三菱商事の3者が出資するJXミャンマー石油開発が19・3%の権益を保有している。

 

イェタグンガス田は2000年から天然ガスを生産していた。

今年2月には、三菱商事もイェタグンガス田から撤退する方針を決めており、事業継続は困難になるとみられる。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

エネオスHDは「社会課題への対応を含めた情勢などを検討・協議した結果、決定にいたった」としている。

ミャンマー政府の承認後に確定し、現時点では業績への影響は軽微と見込んでいる。

 

ミャンマーは成長が期待できる有望市場とされ、日本企業が相次いで進出したが、クーデター後に撤退の動きが出ている。

現地の国軍系企業と合弁でビール・飲料2社を運営していたキリンHDも今年2月、撤退を発表した。(読売新聞オンライン)

 

 

三菱商事はサハリン2にも出資している。

こちらは日本政府が撤退を拒否しているがこの状況下で先行き不透明だ。

 

社会主義国家はやはり投資先には向かない。

今後、同じ轍は踏まないで欲しい。

 

 

グレージュって何色?

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.