時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

停戦交渉で露に承服困難な内容

投稿日:

スポンサードリンク



 

ロシアのウクライナ侵攻を巡る29日の停戦協議で、ウクライナは「中立化」に関して具体的な提案を行った。

これを受け入れるかどうかはロシアのプーチン大統領の判断に委ねられる。

 

韓国に不都合なライダイハン

 

提案にはプーチン氏にとって承服し難い内容が含まれており、停戦協議の行方は楽観できない。

ロシアは2月28日に始まった停戦協議で当初、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に「全面降伏」を迫っていた。

 

今回の協議で、ロシア側はウクライナの提案についてプーチン氏に検討を求めると表明した。

これは停戦に向けて一歩前進したとも言える。

 

ただしウクライナが提示した自国の安全の保証を巡る枠組み案では、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟を阻止し中立化は実現できるものの、ウクライナの安全保障に対し米欧の関与が深まることになる。

 

ロシアとウクライナの「歴史的な一体性」を主張してきたプーチン氏にとっては受け入れのハードルは高い。

ウクライナへの影響力低下につながるためだ。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

ロシアが2014年に併合した南部クリミアの地位についても、ロシアは「領土問題は存在しない」との立場を維持しており、プーチン氏が一転して、15年に及ぶ協議に同意するとは考えにくい。

 

ロシア代表団トップのウラジーミル・メジンスキー大統領補佐官は協議終了後、記者団に交渉内容を説明した際、「ウクライナ側の提案によると」と繰り返し、ロシア側が同意したものかどうかについては言質を与えなかった。

 

停戦協議は曲折が予想される。(読売新聞オンライン)

 

 

ロシア側が有利な条件での停戦しか考えられない。

対外的にも国内向けにもあくまでもロシアが譲歩した形にしないとプーチンの立場が危ないからだ。

 

でも長引けば長引くほどプーチンの立場が悪くなる事は確実。

とりあえず犠牲者が増えない事を祈るばかりだ。

 

 

浜岡原発が運転を再開する日

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.