時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ウクライナが反転攻勢

投稿日:

スポンサードリンク



 

米国防総省高官は22日、記者団に対し、ロシア軍に抵抗するウクライナ軍が、ここ数日で反撃に転じているとの分析を示した。

露軍によって制圧状態とみられている東部イジュームでは、ウクライナ軍が奪還に向けて激しい戦闘を展開。

 

プリントスクリーンの使い方

 

また、AP通信などによると、ウクライナ国防省は22日、ウクライナ軍が首都キエフから約50キロ西にある要衝マカリウをロシア軍から奪還したと発表した。

高官によると、ロシア軍はイジュームを拠点に南進し、南東部マリウポリの制圧を目指している。

 

国防総省はロシア軍が、北東部ハリコフ、イジューム、マリウポリを結ぶラインで、親露派武装勢力が実効支配する東部ドンバス地域と西側を分離する狙いがあるとみている。

 

高官は「ウクライナ軍は効果的に防御しているだけでなく、ここ数日で露軍の支配地域を奪還する動きを明確に見せている」と分析した。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

一方で、露軍は黒海やアゾフ海で活発な動きを見せている。

高官は、アゾフ海に数隻の軍艦が展開し、マリウポリを砲撃していると説明した。

 

掃海艇や揚陸艦も確認されているという。

ロシアは黒海に計21隻の軍艦を保有しているといい、黒海北部でも数隻の活動が活発化。

 

攻撃は確認されていないが、南西部の港湾都市オデッサの攻略を計画しているとみられている。(毎日新聞)

 

 

お互い情報戦をしているので話半分ぐらいで認識した方が良いと思う。

でも仮にウクライナ側の攻勢が多少なりとも進んでいる様であれば良い傾向であるとともに次の危惧が生まれる。

 

ロシアによる生物化学兵器の使用だ。

生物兵器禁止条約にはロシアも署名批准している。

 

常任理事国のロシアが国際条約を無視して生物化学兵器を使うのか?

世界はどう動く?

 

 

LINEが危険な理由

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.