時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

中国がロシアの主張に同調

投稿日:

スポンサードリンク



 

中国の習近平指導部や官製メディアが、米国がウクライナで生物兵器開発に関わっているとのロシアの主張に同調し、米国をけん制している。

 

中国は、湖北省武漢の研究所が新型コロナウイルスの起源となった可能性を指摘した米国に猛反発した経緯があり、ロシアと連携した情報戦には報復の意味もあるとみられる。

 

下げたいガンマーGTP

 

中国政府系ウェブサイト中国網は17日、ウクライナで米国が資金提供した30カ所以上の生物実験室が見つかったとするロシア国防省の発表を紹介する論評を掲載した。

 

米国が海外で生物兵器を研究している疑惑が高まったとした上で、第2次大戦中に中国大陸で人体実験を繰り返し、細菌兵器開発を進めた旧日本軍の731部隊の研究データが米側に渡ったことなどに言及。

 

米国には説明責任があると非難した。

 

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報も米国の生物兵器研究に対する各国の抗議が「米国の強力な世論操作で鎮圧されてきた」と報じるなど、複数の中国メディアがロシア側の主張に基づく報道を繰り返している。

 

あなたの株式投資が一変するかもしれない情報源

 

中国外務省は、米国がウクライナを含む各国で「生物軍事活動」をしているとして、国際的な専門家の調査の受け入れを米側に促してきた。

 

趙立堅副報道局長は16日の記者会見で「米側には生物兵器禁止条約を守る義務と、国際社会の懸念に対してはっきりと説明する義務がある」と強調した。

 

 

習指導部はこれまで、新型コロナの起源を巡る米側の「武漢研究所流出説」に強く反発。

官製メディアが「米軍の研究施設からウイルスが漏れた可能性がある」と報道してきた。

 

米政府高官によると、18日の米中首脳会談でバイデン米大統領は、ロシアがウクライナの生物兵器に関する偽情報を流していると強調。

中国が同調することに対して強い懸念を示した。(西日本新聞)

 

この二国に共通している事はバレる嘘を平気でつく事。

嘘つきは泥棒の始まりというけれど、よその国を盗みに行くのも共通している。

 

 

長崎新幹線の憂鬱

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.