時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ロシアは猛烈なインフレに襲われる

投稿日:

スポンサードリンク



 

形勢逆転である。

ロシア側は「こんなはずじゃなかった」と思っているのではないか。

 

アメリカ情報筋によると、「ロシア軍は2日でウクライナ全土を制圧、ウクライナ側の死傷者は5万人に達する」としていた。

しかし、侵攻開始から1週間が過ぎて、やっとキエフ攻防戦にこぎつけている。

 

プリントスクリーンの使い方

 

ロシア中央銀行は「金」を買い増していた…ウクライナ侵攻に向け周到な準備かウクライナ側の抵抗は激しい。領土防衛軍TDF)には13万人の義勇兵が参加したという。

 

5歳の子どもが「断固戦う」と。

半面、ロシア国内では厭戦ムードが広がっている。

 

この背景にはロシア側の戦死者の多さがある。

ウクライナの発表によると、すでに5300人を超える(2月27日時点)。

 

精鋭のチェチェン派遣軍を含め19万人の兵力を投入したのに、苦戦しているのはなぜか。

それはウクライナ人の愛国心の強さと最新鋭の武器にあろう。

 

イギリス、オランダ、ドイツ、チェコ、アメリカなどが周辺国を通じ、対戦車ミサイル「ジャベリン」、地対空ミサイル「スティンガー」などを供与している。

 

ともに、携行型の兵器である。

特に、「ジャベリン」は発射機を含め長さ1.2メートル、重さは22.3キロにすぎない。

 

圧縮空気によって真上に発射する。

その後、点火し目標に向かい戦車、装甲車の上段部分(弱点)を狙う。

 

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

百発百中らしい。

すでに、2月27日現在、ロシア側は航空機・ヘリコプター33機が撃墜され、軍用車両706台が破壊されたという。

 

アフガニスタン侵攻時と同様の展開になりつつある。

ロシア軍の戦車はディーゼルエンジン型だ。

 

ガスタービンエンジン型よりも多少はましといわれているものの、燃費は1リットル0.46キロ(460メートル)にすぎない。

ドラム缶1本(200リットル)分は積んでいるが、すぐにタンクは空になる。

 

このため、補給車が行動を共にしている。

その補給車は無防備だ。

 

火炎瓶に負ける。

戦車だって、ガス欠は怖い。

 

まさか、ウクライナのガソリンスタンドに寄って、「満タン」と告げるわけにはいかないだろう。

 

■ロシア外貨準備の5割はユーロとドル

 

テレビ映像によると、乗員は戦車を捨てて逃げ出している。

そこに、西側陣営の制裁強化(兵糧攻め)だ。

 

国際決済システム「SWIFT」からの除外、外貨準備の5割を占めるユーロ、ドル、円の使用禁止は痛い。

すでに、ルーブルは急落、政策金利は20%にはね上がっている。

 

 

猛烈なインフレが襲う。

国民生活は危機的な状況に陥るだろう。(日刊ゲンダイデジタル)

 

ロシア軍の兵士だって怖いのは同じはず。

戦う理由を自問自答している。

 

ロシア軍兵士がウクライナ側に投降すれば命は助かるはずだ。

無益な争いを今すぐやめるべき。

 

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.