時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

ロシアの予想を上回る抗戦

投稿日:

スポンサードリンク



 

米国防総省高官は26日朝(日本時間同日深夜)、ウクライナに侵攻を続けるロシア軍について、引き続きウクライナ軍から激しい反撃を受けていると指摘、首都キエフを含めて主要都市の掌握には至っておらず、ロシア側は当初の予想を上回る反抗を受けて「いらだっている」との見方を明らかにした。

 

ブルーライトの問題

 

ロシア軍の3方向からの流入が続いているが、特に北部からの侵攻に対しウクライナ軍が反撃し、ロシア側は勢いが衰えているようにみえると指摘した。

首都制圧を目指すロシア軍はキエフから北約30キロまで進み、偵察隊がキエフ付近や市内に潜入したとみられる。

 

高官によると、ロシア軍は人口が集中する主要都市の掌握や、制空権の獲得には至っていない。

ウクライナ軍のミサイル防衛能力はなお機能しているとみられる。

 

全面侵攻の開始から短距離弾道ミサイルを中心にした空爆は26日時点で250発以上に達した。

軍事目標が大半だが、住民の居住区にも着弾し、被害が出ている。

 

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

黒海と結ばれた内海アゾフ海では数千人規模の海軍歩兵部隊による水陸両用作戦が行われた。

一部は港湾都市のマリウポリに向かっているとみられる。

 

ウクライナ国境沿いやベラルーシに展開するロシア軍の約5割がなお待機しているという。

 

一方、国防総省のカービー報道官は26日の記者会見で、3億5000万ドル(約400億円)のウクライナへの追加的な軍事支援の承認を受けて、最前線で戦う同国軍に必要な兵器、装備を供与し「同盟国とともに、ウクライナの主権と領土保全を支え続ける」と強調した。(産経新聞)

 

 

直接でも間接でも良いから複数の国家がこの侵略に対抗すべき積極的に支援をすべき。

この侵略を冷静に見ている国がある。

 

今回のロシアの作戦が成功裏に進めば次は間違いなく台湾だ。

この現代に侵略行為を行えばどれだけの損失を被るかを見せつけるしかない。

 

 

そもそもWi-Fiとは何だ?

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.