時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

北京五輪まで1ヵ月で各国の温度差

投稿日:

スポンサードリンク



バイデン米政権は昨年12月、中国・新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に、北京冬季五輪に政府高官らを派遣しない「外交ボイコット」を表明し、英国、オーストラリアなどの同盟国が追随した。

 

ただ、五輪の「政治化」を避けるべきだという声もあり、フランスをはじめ外交ボイコットに否定的な国は少なくない。

各国は米中のはざまで難しい判断を迫られている。

 

「人権が侵害されている状況では、通常通りに対応することはできないというメッセージになる」。

サキ米大統領報道官は記者会見で、高官を派遣しない狙いをこう説明した。

 

メラビアンの法則とは

 

バイデン政権はその直後、人権尊重などをテーマにした初の「民主主義サミット」を開催。人権をめぐり中国に厳しい態度で臨む姿勢を鮮明にした。

 

間を置かずに同調したのが、豪州と英国、カナダだ。

豪州は外交ボイコットの理由として、豪産品を標的にした貿易制裁を発動し経済分野で威圧を強める中国との関係悪化も挙げる。

 

英国は中国による香港統制強化を厳しく非難してきた。

英豪に共通するのは、覇権主義を強める中国を懸念し、米国との距離を縮めている点だ。

 

欧州連合(EU)では、欧州議会が昨年7月に加盟各国やEU諸機関に外交ボイコットを求める決議を採択した。

台湾に接近して中国と対立を深めるリトアニアのほか、ベルギーなど一部加盟国は外交ボイコットに踏み込む方針だ。

 

ペットサプリ「お口の健康維持に」初回半額お試しキャンペーン実施中!2,827円⇒1,414円!ペットサプリ【毎日口健 ラクトフェリン&KT-11】

 

しかし、ドイツが政府全体では明確な方針を決めておらず、イタリアも慎重姿勢。

EUは人権重視の方針でバイデン政権と歩調を合わせてきたが、経済分野での関係悪化を回避したいという思惑も根強く、統一した対応を示せていない。

 

中でも米国との温度差が目立つのが、2024年にパリ夏季五輪を控えるフランスだ。

マクロン大統領は五輪を「政治化すべきではない」と主張しており、パリ大会成功に向け中国との摩擦を避けたいとの本音がにじむ。

イタリアも26年の冬季五輪開催地だ。

 

アジアでは、中国と経済面で強いつながりを持つ韓国の文在寅政権が「外交ボイコットを検討していない」と明らかにしている。

ただ、韓国にとって米国は安全保障上、欠かせない同盟相手。

 

 

模索していた北京五輪を契機とする北朝鮮との関係改善が望み薄になっていることもあり、文大統領が開会式に出席するかは不透明だ。

サキ報道官は、外交ボイコットに踏み切るかどうかは「それぞれの国の判断に委ねる」と述べ、各国に「踏み絵」を迫ることはしないとしている。

 

だが、米国と同盟・友好国との分断を図りたい中国にとっては、国際社会の対応に差が出ることで、付け込む機会を見いだしやすくなる。(時事通信)

 

今回のボイコットでアングロサクソンの絆を垣間見たような気がする。

日本がファイブアイズに入れない理由は決断力の無さかもしれない。

 

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.