時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

北陸や東北 積雪の立ち往生警戒

投稿日:

スポンサードリンク



 

北海道は日本海側で雪が続く

 

今日17日(金)は通過中の低気圧の影響で、北海道は断続的に雪が降っており、各地で積雪が増えています。

強い寒気が流れ込む今夜は北陸、東北の山沿いを中心に積雪急増のおそれがあり、立ち往生などに警戒が必要です。

 

低気圧が津軽海峡付近を通過中で、北海道は昨夜から断続的に雪が降り続いています。

各地で積雪が増加しており、昨夜21時から今朝9時までの12時間に、留萌市で18cm、小樽市で13cm、札幌市で8cmの新たな雪が積もりました。

 

自営業でやっていける商売

 

低気圧は午後にかけて東に離れていきますが、冬型の気圧配置が強まるため午後も日本海側を中心に雪が降り続く見込みです。

積雪はさらに増加していきますので、除雪作業はこまめに行うようにしてください。

 

今夜は積雪急増で立ち往生リスク増す

 

今夜にかけては今季最も強い寒気が流れ込んでくるため、東北や北陸でも山沿いから雪に変わっていきます。

特に今夜はJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が形成されて、活発な雪雲が東北南部や北陸に次々と進んでくる見込みです。

 

山沿いを中心に1時間に10cmを超えるようなドカ雪となるおそれがあり、急激な積雪の増加が予想されます。

積雪が急増することによって、それまでは普通に通行できた道路でも走行が困難になり、立ち往生のリスクが高まります。

 

ペットサプリ「お口の健康維持に」初回半額お試しキャンペーン実施中!2,827円⇒1,414円!ペットサプリ【毎日口健 ラクトフェリン&KT-11】

 

ウェザーニュースによる立ち往生リスク予測では、群馬県から新潟県を通る国道17号や、長野県から新潟県を通る国道18号などで特に警戒が必要とみられます。

雪のピークとなる今夜から明日18日(土)の走行はできるだけ避け、やむを得ない場合は最大限の準備が必要です。

 

西日本日本海側や東海も雪に冬型が強まる今夜は西日本でも日本海側を中心に雪になる予想です。

山沿いだけでなく平野部でも雪の積もる所があり、車での移動は冬用タイヤや滑り止めが必要になります。

 

また、強い風によって雪雲は瀬戸内側や太平洋側まで拡大します。

特に若狭湾からの風が吹き抜ける濃尾平野は今夜から明日朝にかけて雪が降りやすくなる見込みです。

 

内陸部はうっすらと道路に積もるくらいで、名古屋市内でも一時的に芝生や土の上が白くなる可能性があります。

明日の朝は路面が積雪状態になっていたり、凍結している所が出てきますので、十分な注意が必要です。(ウェザーニュース)

 

 

昨年の大雪による交通渋滞も記憶に新しい。

教訓を生かして今回は早め早めの避難に期待したい。

 

不要不急の移動はもっての他だ。

 

 

小売業の意外な親会社

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.