時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

安倍氏「台湾有事は日本有事」

投稿日:

スポンサードリンク



 

安倍元首相は12月1日、台湾のシンクタンクが主催する会合にオンラインで参加し講演を行った。

この中で「中国に自制ある行動を促すにはどうすべきか」「台湾有事は日本有事、すなわち日米同盟の有事だ」などとと述べ、中国を強く牽制した。

 

ステマの問題点

 

安倍元首相は12月1日午前、台湾のシンクタンク「台湾国策研究院」主催のフォーラムで「日台関係の現在と将来の発展」をテーマにオンライン形式で講演を行った。

 

講演で安倍元首相は「中国にどう自制を求めるべきか。台湾有事は日本有事すなわち、日米同盟の有事でもある。この点の認識を、北京の人々は、とりわけ習近平主席は断じて見誤るべきではない」と語った。

 

さらに「日本と台湾、そして民主主義を奉じる全ての人々は、繰り返し『誤った道に踏み込むな』と、訴えつづける必要がある」と強調、中国を強く牽制した。

また、安倍元首相は「日本と台湾がこれから直面する環境は緊張をはらんだものとなるだろう」と指摘。

 

中国が軍事費の増大を続けていることに言及した上で、「空から、海上、海中から、中国はあらゆる種類の軍事的挑発を続けてくることも予測しておかなくてはいけない」と危機感を示した。

 

ペットサプリ「お口の健康維持に」初回半額お試しキャンペーン実施中!2,827円⇒1,414円!ペットサプリ【毎日口健 ラクトフェリン&KT-11】

 

さらに「軍事的冒険は、経済的自殺への道でもある。

台湾に軍事的冒険をしかけた場合、世界経済に重大な影響が及び、中国は深手を負うことになる」と述べ、中国を重ねて牽制した。

 

さらに、日米両国と台湾の議員交流や安全保障分野での対話の重要性を強調。

また安倍元首相は以前から親交のあった李登輝元台湾総統の墓参にも意欲を示していて、台湾訪問が実現するかなど今後の動向にも注目が集まる。(FNNプライムオンライン)

 

 

安倍元首相の発言に関しては一定の評価がある様だし自分も賛成だ。

問題は仮に台湾有事が起きた際に現行の日本憲法の元で派兵が出来るかだ。

 

派兵に関する法的根拠は平和安全法制だ。

ただ現実的に日本が攻撃を受けていない状態で台湾に派兵して交戦ができるかはかなり怪しいと思われる。

 

安倍氏の発言が中国側への抑止力として機能しているうちは問題ないが、いざ台湾に侵攻した際には、日本は憲法解釈においてかなりの混乱を生むと思う。

 

自分は右でも左でもない。

でも現在の平和憲法にはかなりの矛盾を感じている。

 

 

韓国に不都合なライダイハン

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.