時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

女性の会話力

投稿日:

スポンサードリンク



 

早朝、早起きして近くの公園の周囲をウオーキングしている。

この公園は結構大きいので一周およそ1.2kmはあるだろう。

 

通常は二周、気分が乗れば三周まわる事もある。

さすがに今日のような寒い日は億劫になるが何とか頑張ってきた。

 

最近ではかなり多くの人と顔見知りになり挨拶を交わす名前も知らない人が増えた。

こういう時に驚くのが女性の会話力の高さだ。

 

左まわりの法則とは?

 

女性は友だちを作るのが本当に上手だと思う。

これは昔、知人から聞いた話だ。

 

女性は子供を生むと目上の人でもママ友に対しては敬語を使わなくなるらしい。

つまり同世代の子供を持つ女性同士はすべて並列になり会話は「ため口」になるのだ。

 

女性が子供を授かる年齢は一律ではない。

十代の女性もいれば四十を超えてから子供を授かる人もいるだろう。

 

だから逆に明らかに年配の女性に「敬語」を使う事は失礼にあたるというのだ。

いくつであろうと皆「ママ一年生」で良いのだ。

 

お互い敬語を使わないから上下関係もない。

女性は学校を出て就職、結婚後、上下関係のない社会で人間関係を構築しつつコミュニケーション能力を磨いていくのだろう。

 

そしてそのまま老後のコミニュティにも生かされていく。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

 

ところが男性はどうか?

学生時代の体育会系のそのままののりで階級社会である「会社」に船出していく。

 

数十年に渡って身を置いていた縦社会から定年を機に上下関係のない現実社会に放りだされる。

老後のコミュニティーにおいては男性はかよわい子羊のような存在だ。

 

特に大企業にいた人が陥いり易いのが「看板の後ろ盾」が無くなることだ。

「社名」と「役職」で確立してきた自分の立ち位置が一気に揺らぐ。

リタイア後、過去の栄光を延々と自慢する人がいるが見ていて悲しくなる。

 

 

朝の公園には複数の賑やかな女性グループが目立つ。

男性達は一人で黙々と歩いたり、ランニングしている。

 

どこか女性たちは楽しげで、男性たちは黙々と仕事をこなしているようだ。

厚労省が発表した平成29年度の「簡易生命表」によると日本人の「平均寿命」が過去最高を記録した。

 

男性が「81.09歳」で女性が「87.26歳」。

この差が示すもの。

 

女性はストレスの無い老後を暮らし、男性はリタイア後もストレス社会から脱出できていないのかもしれない。

 

 

縁起をかつぐ人

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.