時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

老眼鏡を英語で言えますか?

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分にとって老眼鏡は空気みたいな存在だと思う。

普段はさして有難みを感じないが必要に迫られた時に手元に無いと非常に困る。

 

それも必要に迫られるタイミングが以前より増えている。

老眼鏡ほど煩わしくて面倒だけど有り難いものはないだろう。

 

そう老眼鏡はまさに空気なのだ。

若い頃に比べて老眼鏡がないと読めなくなったものが二つある。

 

それは新聞と時刻表だ。

特に時刻表は鉄分の多い(鉄道好き)自分にはバイブルのような存在だ。

 

メラビアンの法則とは

 

思いついた時に読みたくなる時刻表のそばに老眼鏡がないと本当に厄介だ。

しかし改めて見てみると時刻表の文字は本当に細かい。

 

若い頃はこの文字を細かいと思った事がなかった。

ということで時刻表を見る時には老眼鏡は必須だ。

 

その割りに出掛ける時に一番忘れがちなのもこの老眼鏡なのだ。

書店の前を通るとダイヤ改正の時刻表が発売されている。

 

これは素通り出来ない。

店に入って障りだけでも覗こうとバッグを探るが老眼鏡を忘れている。

 

もちろんこうなると他の書籍に目を通すことも出来ない。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

そう老眼鏡を忘れてしまうと外出する意義な無くなってしまうのだ。

よく女性の方で首から眼鏡ホルダーで老眼鏡を胸元に下げている方がいらっしゃる。

 

これは使えると思ってホルダーを購入してみたが想像以上に胸元が煩わしい。

指輪もそうだが普段から馴れないものを身につけても体がアレルギー反応を起こしてしまうようだ。

 

さてこの煩わしくて面倒な老眼鏡だが英語では何というかご存じだろうか?

一般的な眼鏡は「glasses」という。

 

まさか「oldglasses」ではないだろう。

これを調べてみると「convex glasses」という。

 

「convex」とは何と「凸」の事だ。

これは意外な発見だ。

 

 

ちなみに「reading glasses」も老眼鏡の事の様だ。

どちらかというと時刻表愛読者としてはこちらの方がしっくり来るような気がする。

 

これからは老眼鏡ではなく読書用眼鏡と呼ぶ事にしよう。

 

 

グレージュって何色?

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.