時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

エトセトラ

上野駅の憂鬱

投稿日:

スポンサードリンク



 

昔は東北地方から鉄路で上京する人にとって上野駅は東京の一大ターミナルだった。

駅に近づくにつれ線路の分岐は増えてポイントをいくつも過ぎていく。

 

そのポイントを通過する度に揺れる体。

東京という巨大な都市の入口にふさわしい規模の駅だ。

 

現在でも上野駅は東京の北の玄関口である事に変わりないだろう。

ただ昔と状況が少々変わって来ている。

 

岡山駅は中国地方最大のターミナル

 

その一番の要因が「上野東京ライン」の出現だ。

今まではJRの東京北部からの路線はすべてが上野駅止まりだった。

 

厳密にいうと「湘南新宿ライン」があるのでそうとも言い切れないが。

上野東京ラインの出現により一部の列車が上野駅を終着駅としなくなってしまった。

 

たぶんに多くの方は上野駅は肩身が狭くなっていると思っているに違いない。

ところがそれはちょっと違うと思う。

 

たくさんの路線が集中する上野駅だが、もともと上野駅を起点とする路線は一本も無いのだ。

東北本線(宇都宮線)の起点は東京駅である。

 

また大宮駅まで東北本線と並行して走っている高崎線の起点は大宮駅なのだ。

常磐線は意外や日暮里駅が起点となっている。

 

つまるところJR東日本管内で上野駅を起点としている路線は無いのだ。

あえて言うなら京成本線の京成上野駅が起点になっている事ぐらいだろう。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

 

だから上野東京ラインが上野駅を超えて東京駅方面に行っても何も問題は無いのだ。

ちなみに中央本線の起点も新宿駅ではなく東京駅だ。

 

特急電車を新宿駅に任せて快速電車のみを東京駅が引き受けている図式だ。

すべての発着を東京駅にしてしまうとパンクしてしまうから北方面を上野駅に、西方面を新宿駅に集約しているに過ぎないのだ。

 

 

湘南新宿ラインや上野東京ラインなどの直通運転は地価の高い都内の土地を車庫として使わないという発想から来ている。

山手線の新駅として作られた「高輪ゲートウェイ駅」はそのコンセプト上に作られている。

 

数年後、高輪ゲートウェイ駅の周辺にはJR東日本が作る新たなビジネス街が出現するはずだ。

そうここはもともと品川駅の車庫があった地域。

 

東京の郊外に車庫を移して都心の土地を有効利用する。

国鉄時代には絶対できなかった不動産ビジネスだ。

 

都心部から車庫がすべて無くなるとは思わないが、鉄道好きな自分としては複雑な気持ちだ。

東京の街には鉄道車庫が妙に似合っているからだ。

 

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

スポンサードリンク



 

-エトセトラ

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.