時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

喫煙者の憂鬱

投稿日:

スポンサードリンク



 

毎朝、ウォーキングしている公園の駐車場に煙が立ち昇っている車が停まっている。

見ると車内の中年男性は立て続けに二本目の煙草にも火を付けた。

 

典型的なチェーンスモーカーだ。

これから出社するのだろう。

 

たぶん会社内は完全禁煙になってしまったのではないだろうか?

彼にとって出社前の一服は至福のひとときなのかもしれない。

 

この10月に加熱式煙草は更に値上がりをした。

セブンスターはなんと560円だ。

 

煙草一箱が560円かと思うと隔世の感を感じる。

自分は大学生で煙草を覚えて30歳を前にスッパリと縁を切った。

 

割りばしは清潔か?

 

当時吸っていた煙草がハイライトで150円の時代だ。

セブンスターが180円だったと思う。

 

煙草をやめてからめっきり煙草の価格にも興味も無くなっていたが、知らない間に当時の三倍に跳ねあがっている。

これだけ頻繁に値上げを繰り返していったいどれだけの喫煙者が煙草をやめたか?

 

喫煙者数は値上げ前とあまり変わっていない様に思う。

この逆風下でなお煙草を吸っている方はかなり頑な人だ。

 

もう一桁高くならないと煙草を止める事はないだろう。

喫煙していた頃を思い出すと煙草が本当に美味しいと感じていた時間はかなり限られていたように思う。

 

食後の一服は確かに美味しい。

でもその他の一服にはいったいどれだけの美味しさがあったか甚だ疑問だ。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

取引先と商談の席につく度に煙草に火をつける。

そう煙草はビジネスの小道具になっている側面がある。

 

一回の商談で最低でも2本には火をつけるだろう。

数人と商談していると夕方には優雅な煙草の香りどころではなくなる。

 

あるのは不快感と吐き気だけ。

それだけ不快な思いをしながら喫煙者は喫煙の危険性と向き合っていかなくてはならない。

 

「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」など煙草には命にかかわる疾患のリスクが高いと言われている。

まさに喫煙者の憂鬱。

 

 

そしてもう一つ自分は喫煙のデメリットとして「口元の臭い」をあげたい。

これだけは喫煙者本人には絶対にわからないだろう。

 

自分は煙草をやめてもう数十年が経つが今だに喫煙者のそばに行くと吐き気をもよおす時がある。

「それは大袈裟だ」という喫煙者もいるだろう。

 

そういう方は一度、非喫煙者の家族や友人に聞いて見て欲しい。

たぶんに皆さんは「今まで言えなかったけど我慢していた」と答えるだろう。

 

そう喫煙者は喫煙をしていない時も周囲に公害をまき散らしているのだ。

「百害あって一利なし」と言われる喫煙。

 

ところが一利なしどころか、口元の臭いで人間関係においてマイナスを生んでいる可能性さえある。

とにかく一刻も早い喫煙をお勧めする。

 

来年からではなく今日からだ。

 

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.