時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

耳毛の憂鬱

投稿日:

スポンサードリンク



 

ここ数年来、耳の中が気になる。

耳の中で何かが耳の壁に触れて無償にかゆいのだ。

 

このような感覚は若い頃にはなかったはずだ。

どうも耳の中で伸びた耳毛がかゆいようなのだ。

 

シニア世代になると男性にはやたらとこの耳毛が生えてくる。

時おり耳の付近が剛毛の老人を見かけるが事があるが気にならないのかと思ってしまう。

 

自分はこの耳毛が非常に憂鬱でならない。

だからついつい習慣で耳付近を指で探ってしまう。

 

耳の入口付近のつまめるものは抜いてしまう。

ただ耳毛に限らず体に生えている毛を抜くことはあまり良い事ではない様だ。

 

縁起をかつぐ人

 

人間の毛はその生えているところなりの目的があるからだ。

髪の毛は皮下脂肪や筋肉のない頭部の脳を外部からの衝撃から守るためと言われている。

 

眉毛は雨など頭から流れ落ちる水から目を守るためと言われている。

また鼻毛は入ってくる空気の汚れを除去するフィルターの役目をしている事は有名な話だ。

 

そう体毛はただ意味なく生えているわけではないのだ。

それでは耳毛が生える目的は何なのか?

 

一説には外部からの刺激や虫などの異物から耳を守るためにあるらしい。

でもそれならその機能は生まれた赤ちゃんの時から必要ではないだろうか?

 

でも赤ちゃんに耳毛が生えていない。

そこでこれは自分が考えた仮説だ。

 

老化により聴力や神経などが機能がどんどん低下する。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

そうなると外部からの刺激や虫など異物の侵入に反応出来なくなるのをで耳毛が防御しているのではないだろうか?

ところが何故か高齢の女性には生えてこない。

 

たぶん耳毛は男性ホルモンが関係しているのだろう。

とにかくこの男性ホルモンなるものは非常に厄介だ。

 

女性ホルモンに由来する髪の毛は生えてこなくなるが、男性ホルモンに由来する「髭」や「耳毛」はまさに雑草のように生えてくる。

いっそのこと、髭の毛根を頭皮に移植出来ないかと思う。

 

男性が日々の髭剃りから解放され毛髪がふさふさになるならノーベル賞並の発明になるだろう。

女性の方には理解出来ないと思うが、日々の髭剃りほど面倒な行為はない。

 

 

さて気になる耳毛だがどう処理をすれば良いか?

昔、テレビの番組でインドの床屋さんが耳毛をライターで燃やして処理をしているとこを見た記憶がある。

 

もちろん真似してはいけない。

やはりインドでも「耳毛を抜く」という行為は良しとはしていないようだ。

 

そこでネット通販でば耳毛カッターを見つける事にした。

そこでふと気がついた。

 

ネット通販の画面に集中していたら知らない間に指で左耳の入口付近を探りはじめていたのだ。

これは早めに購入したほうが良いかもしれない。

 

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.