時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

口裂け女 噂の発祥の地

投稿日:

スポンサードリンク



 

自分が中学生の頃、「口裂け女」の噂が日本中に飛び交っていた。

「口裂け女」は「ツチノコ」と並ぶ日本の都市伝説のはしりだった様な気がする。

 

大きなマスクをしている女性が「私、綺麗?」と声をかけてくる。

聞かれた子供達が理由もわからず綺麗と答えるとおもむろにマスクを外してその口元を見せるのだ。

 

なんとその女性の口元は耳のあたりまで裂けているのだ。

逆に「綺麗じゃない」なんて言おうものなら包丁を持って追いかけてくる。

 

メラビアンの法則とは

 

当時、巷ではまことしやかにこの噂が囁かれ話題になっていた。

ところがこの噂話をマスコミが取り上げる頃になると情報がどんどんローカルごとに着色されていく。

 

「身長が2m以上ある」とか「白い衣服を着ている」また「サングラスをかけている」などである。

世界最高のスピードで走るというのもあった。

 

それも100mを6秒台という。

いったい誰が計測したのかと突っ込みたくなる内容だ。

 

噂が伝播する段階で一部の人の曖昧な記憶が尾ひれはひれを付けていく。

ただこれだけ話が大きくなると噂話とは言え自治体や警察もほっておくわけにはいかない。

 

北海道や埼玉県では実際に集団下校がおこなわれていたらしい。

日本では往々にしてこの手の話は子供への戒め的な内容のものも少なくない。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

例えば子供の川遊びの戒めとして発展したのが河童伝説だ。

また夕方になったら早めの帰宅を促すための神隠し伝説などもある。

 

ところがこの口裂け女にはそのような子供への戒め的な意味合いはなく自然発生的に起こっている。

さてこの噂の発祥の地はどこだろう?

 

この噂のルーツに関しては諸説はあるようだが概ね中部地方で間違いないだろう。

たぶん岐阜県が口裂け女の噂の発祥の地だと思われる。

 

 

口コミで全国に広がることを考えると日本のへそである中部地区は説得力がありそうだ。

もしこれが現代だったらSNSで瞬時に拡散して3ケ月も経たずに騒ぎは終息するだろう。

 

当時は携帯もスマホも無い時代。

「友達の友達の話」とか「親戚のおじさんの友だちの話」など又聞きレベルの話がどんどん誇張されて広がったのだろう。

 

ある意味、現代よりもピュアで非常に良い時代だったのかもしれない。

 

そういえばこの噂話から間もなくあの「ガチャガチャ」に「口裂け女の口」が並んでいた。

むしろ商魂たくましいおもちゃ業界のほうに驚かされた。

 

 

事故物件を検索する

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.