時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

缶コーヒーの不思議

投稿日:

スポンサードリンク



 

「缶コーヒー」は日本特有の文化らしい。

世界的には「缶コーヒー」という飲み物は存在しないようだ。

 

という事は日本は世界一の「缶コーヒー大国」という事になる。

物心がついた時から身近にあった飲み物だから自分はあまり違和感を感じた事はない。

 

でもそういわれてみると確かに不思議な飲み物だ。

実をいうと自分はあまり「缶コーヒー」が好きではない。

 

少々語弊があるが積極的に缶コーヒーを購入する事はないと言った方が正解だろう。

それは缶コーヒーが非常に甘いからだ。

 

「微糖」タイプもあるがそれでも甘い。

そもそも自分はホットもアイスもブラック派だ。

 

なので当たり前と言えば当たり前だがコーヒーに砂糖やガムシロが入っている段階でだめだ。

かと言って缶コーヒーがブラックならOKかというとそれも違う。

 

要はあの缶に入っている段階でコーヒーではなくなっているのだ。

誤解の無い様にお願いしたい。

 

およそ6000億円市場の缶コーヒー業界を中傷するつもりは毛頭ない。

あくまでも自分の趣向の問題である。

 

下げたいガンマーGTP

 

だからコンビニに行っても冷蔵庫の前で悩むことはまずない。

もちろんレジ横にあるドリップタイプのホットをブラックでいただくからだ。

 

それも猛暑でもない限りアイスコーヒーを選ぶことはない。

コーヒー好きとは本来そうあるべきだと思っている。

 

勝率90%以上の厳選した株式銘柄を無料公開!

 

そもそも自分が缶コーヒーが苦手なのは含まれる糖分の話を聞いてからだ。

よく話題にでるが缶コーヒー一本に角砂糖に換算したら3~4ヶ分の糖分が入っているらしい。

 

だから缶コーヒーが好きな人はコーヒーが好きなのではない。

単なる「甘党」というのが結論らしい。

 

 

ちなみに自分がレギュラーコーヒーでもブラックにこだわるには理由がもうひとつある。

それはコンビニに置かれている常温で持つコーヒーミルクだ。

 

植物脂肪に添加物を加えたまがいもののミルクなのだ。

色が白いのは着色料で染めているからだ。

 

最近では悪名高き「トランス脂肪酸」不使用の商品も出てきているが、健康に良いとはいえない商品であることに変わらない。

折角、ドリップで美味しいコーヒーを入れているのにまがいものを混ぜる事に矛盾を感じてしまう。

 

もちろん食品の趣向は人それぞれ。

国が認可している以上は個人の判断で摂取すれば良いだけの話だ。

 

あまり細かい事を言っていると食べるものが無くなる。

ブラックコーヒーでも飲みながら考える事にしよう。

 

 

ドリンクバーの原価

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.