時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

業界トップ企業の秘密

投稿日:

スポンサードリンク



 

業界を代表する大企業には意外な秘密がある。

今回はそんな有名企業の秘密について触れてみたいと思う。

 

数年前、北海道のじゃが芋が台風の大打撃を受けた事がある。

その翌年はじゃが芋の加工食品を作っているメーカーで北海道のじゃが芋争奪戦が起きたらしい。

 

じゃが芋生産農家は高値で買い取ってもらった事だろう。

ところがその時に聞いた話に驚いた。

 

小売業の意外な親会社

 

カルビーはポテトチップスの国内でのシェアは断トツだ。

国内のシェアはカルビーがおよそ70%で小池屋がおよそ20%と言われている。

 

という事でカルビーはとにかく国産のじゃが芋を確保する必要性がある。

その数は日本のじゃが芋生産量の10%という。

 

カルビーは日本のじゃが芋生産農家を支えている側面があるのだ。

また逆に言えばそれだけ日本人がポテトチップを消費している事にも驚かされる。

 

確かにコンビニに行くとポテトチップがひとつのコーナーを作っている。

日本人はポテトチップが大好きなのだ。

 

さて深夜から早朝にかけて同じテレビコマーシャルが繰り返されていると思った事はないだろうか?

そうそれそれはハウス食品だ。

 

「バーモンドカレー」や「とんがりコーン」のテレビコマーシャルが連続で流されている。

果たしてこんな時間にこれらの食品のターゲットとなる主婦層が起きてテレビを見ているとは到底は思えない。

 

実をいうとこの手のテレビコマーシャルを「フリースポットCM」と言う。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

簡単にいえばハウスはスポンサーが付かない時間帯でもテレビコマーシャルを打ってくれる無理が効くスポンサーなのだ。

フリースポットCMは流した分だけ支払えば良いので非常に使い勝手が良い。

 

ただこの不況下でこの枠にCMを延々と流せるハウスの広告費はなんと潤沢なのかと思ってしまう。

2017年9月のデーを見ると日本のカレールーの国内ブランド別シェアではハウスが上位を独占している。

 

カレーの国内市場はハウスが約60%で、ヱスビー食品が約26%となっている。

いかにハウスが強いかがわかる。

 

 

40世帯が住む団地が一棟あったら必ずどこかの家で一軒は夕飯にカレーを作っていると言われている。

もはやカレーは日本の国民食になっている。

 

その60%を供給しているからハウスの広告宣伝費は潤沢なのだ。

そもそも自分は過去においてカレーが嫌いという人と出会った記憶がない。

 

カルビーもそうだがこの万人受けをする看板商品を持っているから強いのだ。

不思議なものでカレーの事を書いていると無性にカレーが食べたくなってきた。

 

今夜はカレーライスにしようと思う。

 

 

自営業でやっていける商売

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.