時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

政治・経済

東京湾アクアラインがJRの特急を廃止させた

投稿日:

スポンサードリンク



 

「東京湾アクアライン」という有料道路をご存じだろうか?

東京湾アクアラインは1997年に開通した神奈川県川崎市と千葉県木更津市を道路のことだ。

 

実をいうと関東の人でも東京湾アクアラインを走行した事が無い人も多いのでないだろうか?

というのもこの道路の恩恵を被っているのは一部の東京都民、神奈川県民、千葉県民ぐらいだからだ。

 

かくいう自分も走ったことがない。

というかこれからもこの道路を走る可能性はかなり低いと思う。

 

地方都市のタワマンは時限爆弾

 

それは神奈川県と千葉県を結ぶというその構造にある。

埼玉県在住の自分がわざわざ神奈川県の川崎まで渋滞の中を走って料金を払うぐらいなら直接、千葉に向かうだろう。

 

そう東京でも墨田区、葛飾区、足立区、江戸川区など都内北東部にお住まいの方が千葉方面に行くのに川崎まわりで行くとは到底思えない。

だから一部の人しか恩恵を被っていないのだ。

 

さて東京湾アクアラインは当初は料金が非常に高かった。

2009年に森田知事が東京湾アクアラインの料金を下げた事によりあるライバルを苦境に追い込んだ事を皆さんはご存じだろうか?

 

そのライバルとはJR東日本の特急「さざなみ」だ。

現在では木更津から都内と神奈川県に向けて頻繁にこの東京湾アクアラインに高速バスが走っている。

 

渋滞がなければおよそ40分しかかからない。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

これは当時、特急さざなみで木更津駅から東京駅まで行くより速かった。

そして何よりも料金も安い。

 

案の定、これでは特急電車は勝てない。

さざなみの客が激減してしまったのだ。

 

結果として2015年3月のダイヤ改正で内房線の君津駅-館山駅間の特急電車の定期運転が廃止されてしまった。

特急さざなみは現在、東京駅から君津駅までしか運転されていない。

 

この状況に困ったのが房総半島南端に位置する館山市だ。

特急さざなみは館山市経済の生命線だったからだ。

 

館山市長がJR東側に特急再開の陳情をお願いしているがいまだ再開の目途はたちそうもない。

夏場の臨時運行のみが残っている。

 

 

森田県知事が千葉県の地域経済振興のために値下げした事が裏目に出てしまったわけだ。

それにしても千葉県ほど南北の格差が大きな県も珍しいと思う。

 

人口が多く経済的に発展しているのは県庁所在地である千葉市より東京寄りの地域だ。

船橋市、市川市、松戸市、柏市など人口40万人以上の街がゴロゴロしている。

 

ところがこの地域に東京湾アクアラインは何も寄与をしていない。

あるとすれば多少の渋滞緩和ぐらいだろう。

 

この地域にとって東京湾アクアラインと特急電車の動向はどうでも良いことなのだ。

それにしても千葉県は道路開通後の経済予測があまりにもお粗末だったような気がする。

 

 

北陸新幹線小浜・京都ルートとは

スポンサードリンク



 

-政治・経済

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.