時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

耳障りなファミコン言葉

更新日:

スポンサードリンク



 

歳をとると若い世代の言葉が妙に気になってしょうがない。

自分は言葉は文化だから時代とともに多少変化するのは仕方無いと思っている。

 

そう理解がある方だと思っていた。

でも昨今の若者達の言葉を聞いていると理解が出来なくなってきている。

 

例えば「〇〇じゃねー」と尻上がりの会話は言葉としての格好良さが感じられない。

また若い女性の「旨い!」という表現にも辟易している。

 

自分が若い頃、お付き合いしている女性がレストランに行って「このハンバーグは旨い」と言われたらドン引きしているだろう。

やはり女性には「美味しい」という言葉を使って欲しい。

 

そう思われている方多いのではないだろうか?

いう事で今回は現代の言葉について触れみたいと思う。

 

皆さんは「ファミコン言葉」なる言葉を聞いたことがあるだろうか?

もちろんこの「ファミコン」とは任天堂の「ファミリーコンピューター」の略語ではない。

 

コンビニの飽和点

 

このファミコンとは「ファミリーレストラン」の「ファミ」と「コンビニエンスストア」の「コン」から作られた造語だ。

つまりファミリーレストランやコンビニエンスストアのアルバイト店員が日常的に使っている誤った敬語の事となる。

 

なかには社員でも気にせず使っている人間もいるから呆れる。

代表的なファミコン言葉の一覧をあげてみよう。

 

「5,000円からお預かりします。」とか「お支払はカードでよろしかったでしょうか?」というものだ。

本人達はいたって真剣に敬語を使っているつもりだろう。

 

元証券ディーラーが選ぶ注目銘柄を無料公開!

 

ところが聞いているほうは何とも違和感に包まれる。

まず最初の「から」だ。

 

この「から」とはいったい何に掛かっているのだろうか?

また二番目の表現は現在進行形の会話のはずなのに、質問は何故かに過去形になってしまっている。

 

またこんな表現も聞いた事ないだろうか?

「お弁当の方は温めますか?」というものだ。

 

この「方」とはいったいどの方角を指しているのがわからない。

お弁当を単品で注文しても聞かれる事がある。

 

たぶんにファミコン言葉は先輩アルバイトから後輩アルバイトへと伝染していったのだろう。

ファミリーレストランやコンビニは大企業が多いがさすがにアルバイトの言葉使いまでは干渉しないのかもしれない。

 

 

またファミコン言葉ではないが、最近の若い女性で初対面の人に次のような聞く人が増えている。

「私って〇〇じゃないですか?」というものだ。

 

初対面の人に自分のキャラクターを疑問形で聞くのだ。

これを聞かれた初対面の相手は「はあそうですか」としか答えようがない。

 

会話のキャッチボールが鼻から成立していないのだ。

耳障りなファミコン言葉。

 

あなたは容赦できるだろうか?

 

 

セコマの意味

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.