時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

カルチャー

1ヤードの長さ

投稿日:

スポンサードリンク



 

ゴルフ使われている「1ヤード」とは何メートルかご存じだろう。

1ヤードとはおよそ「0.9144m」となる。

 

実をいうとこのヤード(yard)という単位はアメリカと一部の国でしか使われていない「ヤード・ポンド法」の単位となる。

スポーツでこの単位が使われているのはゴルフとアメリカンフットボールぐらいだろう。

 

下げたいガンマーGTP

 

だからゴルフで100ヤードという数字が出てきたら9掛けのおよそ91mという事になる。

ところでこのヤードという単位が何故一部、残っているのか?

 

それはヤードの発祥国であるイギリスの歴史に関係している。

産業革命時の単位は概ねヤード・ポンド法を採用していた。

 

例えば繊維業界では未だにインチ表記が使われている。

1インチとはおよそ「2.54cm」だ。

 

つまり1ヤードは91.44÷2.54で36インチという事になる。

このあたりは産業革命を興した大英帝国の誇りなのだろう。

 

日本でも「一間」、「一畳」、「一坪」など独自の尺度文化が残っている。

建物の面積をイメージする際にはメートル表記よりもむしろわかり易いかもしれない。

 

ヤードは歴史が残した産物なのかもしれない。

さて日本に残る面積の単位を良く耳にする。

 

概ね農地などに使用される単位だが、これが皆さん思った以上にご存じない。

参考までにならべて見よう。

 

今週の急騰銘柄を無料公開!

 

一歩(いちぶ)=約3.3㎡(一坪と同じ畳二枚分の面積)

一畝(いちせ)=約99.2㎡(約10mX10m)で一歩の30倍

 

一反(いったん)=約991.7㎡(約10mX100m)で一畝の10倍

一町(いっちょう)=約9917.4㎡(約100mX100m)で一反の10倍

 

という具合になる。

 

ちなみにここに「メートル法」における面積単位を当てはめて見ると「1アール」がほぼ「一畝」と同じで100㎡。

また「1ヘクタール」がほぼ「一町」と同じで10,000㎡。

 

そもそも土地の面積の感覚は身近に接していないとわかり難いものだ。

一般的に良く使われる一反(1,000㎡)がピンと来るのは農家の方と不動産業の方ぐらいだろう。

 

つまり簡単に言ってしまえばおおよそ一辺が32mの正方形ということだ。

農家が方が良く口にする「一反歩」はそのぐらいの面積だと思っておけば間違いない。

 

 

単位は互換性がないとトラブルの素だ。

パソコンが普及しだした頃はWindouwsとMacで互換性がなかった。

 

フロッピーディスクでデータを預かってきても「開かない」と大騒ぎになった事もある。

現在ではその問題もだいぶ緩和されているようだ。

 

アメリカではヤード・ポンド法と並行してメートル法も使われているらしい。

いずれ逆転する日も来るかもしれない。

 

 

空売りの仕組み

スポンサードリンク



 

-カルチャー

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.