時代について行くのではなく、時代を追いかける。

シニアのための現代用語備忘録

ヘルス

煙草はやっぱり百害あって一利無し

投稿日:

スポンサードリンク



 

2年前の10月にセブンスターが一箱500円に値上げされた。

煙草20本でワンコインかと思うと隔世の感を覚える。

 

自分が煙草を吸い始めたのは学生の頃からだ。

運良く30歳を前に煙草と縁を切ることができた。

 

当時吸っていたハイライトが僅か150円。

セブンスターは180円の時代だ。

 

500円という事はその頃から価格が三倍に跳ね上がっていることになる。

ただ一箱が500円になっていったいどれだけの喫煙者が減ったのか?

 

ほぼ喫煙者の数は変わっていないような気がする。

この喫煙に対する逆風のもと煙草を吸い続けている方々は相当頑固だ。

たぶん価格がもう一桁増えない限り煙草を止める事はしないだろう。

 

割りばしは清潔か?

 

勤めていた頃は取引先と商談テーブルにつくと煙草に火をつける。

煙草はビジネスの小道具になっている。

 

だからほぼ条件反射で咥えてしまうのだ。

夕方になる頃には煙草の香りも味もあったものではない。

 

最後に残るのは不快感と吐き気のみ。

それだけ嫌な思いをしながら喫煙者は煙草のデメリットと向かい合わなければならない。

 

煙草は「癌」、「脳卒中」、「心筋梗塞」、「動脈硬化」、「高血圧」、「糖尿病」などの疾患のリスクを高めると言われている。

それも自分だけならまだしも奥さんや恋人などパートナーにもそのリスクを広げることになる。

 

TVCMでおなじみ「クリクラ」の“新”空間除菌・消臭サービス!【ZiACO(ジアコ)】

 

特に副流煙の妊婦への影響が深刻だ。

夫の吸う煙草の受動喫煙により流産や早産の心配が報告されている。

 

奥さんが妊娠されている方は自宅での喫煙は控えたほうが良いだろう。

そしてもうひとつ、喫煙者が向い合う必要があるのが「口元の臭い」だ。

 

喫煙している人はまずわからないだろうが、喫煙者はとにかく臭い。

まさに公害だ。

 

煙草を吸っていた自分でも喫煙者の近くによると吐き気がしてくる。

「そんな事はない」と言う喫煙者の方は非喫煙者の家族や友人に聞いてみると良い。

 

たぶん皆さんの答えは同じだろう。

「臭いけど我慢していた」というと思う。

 

 

そう煙草はその臭いにより住宅や車の価値さえも落してしまう。

煙草は絶えず本人だけではなく周囲の人や物にも迷惑をかけている。

 

つまるところ煙草はやっぱり百害あって一利無しなのだ。

今回のコロナ騒動でも喫煙者の重症化率が上がる事が論じられていた。

 

今は煙草をやめる機会なのだ。

決して遅すぎる事はない。

 

早く決断すべきだ。

 

下げたいガンマーGTP

スポンサードリンク



 

-ヘルス

Copyright© シニアのための現代用語備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.